忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます。寒いです。なんか、映画っぽい夢見たから書き残しとく。


私は、どこかの観光地らしいにぎやかなタワーにいました。夜です。そしたら観光客たちがまどの外見て、「なんか光るの飛んでるよね?」「近づいてない!?」と騒ぎはじめたので、私も確認さに行きました。そしたら未確認飛行物体がシュッシュッと移動しながら近づいてきます。その形態たるや、幼稚園児が見てもUFOと分かるくらいです。私の想像力の限界らしいです。

危険を感じた私は、非常階段にとりあえず逃げました。同時に、ドアの向こうが騒がしくなり、未確認飛行物体がタワーのフロアを占領したのが分かりました。ガラスガッシャーンで突入じゃないのがさすが宇宙人です。


私は吹き抜けの螺旋階段を駆け降りましたが、踊り場ごとに、すでに宇宙人的なのが待機してました。形態は、まあまあ人型で背が子供くらい。ぶかぶかな服を着ているので顔はよく分かりません。銀河鉄道999の車掌さんの白っぽい版みたいな。彼らは私に気がついてますが、攻撃とかしてきません。でも、階段降りるには彼らの至近距離を通らねばならず、その瞬間何されるか分からないので、私はさっきのフロアに引き返しました。あと、タワーの階段が地上百階くらいありそうなとこで駆け降りるのもおじ気付いた。


一気に状況がワープしますが、フロアにいた観光客はだいぶ減っていて、残った何十人かが、ひとりの宇宙人を中心にぐるりと椅子っぽいのに座らされています。特に拘束はされてません。


宇宙人は、その口調から女性です。私たちに世間話のような話題をふってくるのですが、私たちの言葉に何かNGワードが隠されてるらしく、会話が突然打ち切られ、床に巨大な穴があき、話してた人は別の宇宙人に腕ひっぱられて落とされます。


どんどん人の数が減っていき、さっきまで何十あった椅子ももう十人くらい。私たちは、隣あった人といろいろ対策をたてはじめ、よく覚えてないけど、ことごとく失敗して消えました。宇宙人が、落とされた人がどんな状態か私たちに見せました。消化液に半分だけ体が溶かされて、顔がもう判別不明なのもいて、ちょっと生きてる人もいて、自分の脳が生み出した光景としてはどん引きのリアルさでした。


頭上をピンポン玉みたいな機械のボールみたいなのが高速移動してるのを見つけました。なにがやったなのが分からないですが、私はそれを宇宙人に見つからないように捕まえてポケットに入れました。これで私たちが生きてることは伝えられる!(誰にだよ)


そうこうしてるうちに私が宇宙人に話し掛けられ、恐怖のまま会話したら、なんか宇宙人から触手ぽいのが伸びてきて、私の手にぴとっと触れました。蛙の指先大きくしたみたいにひんやりぴっとり。「握手ですか?」答えはありませんでしたが、どうやらお気に召したようで死なずにすみました。


-と、こんなところで母のメールに起こされて終了\(^O^)/

拍手[0回]

PR
ずっと前にちらっと書いたスカイプで英会話がんばって続いてるわけですが、今日はじめてヘタリアファンに遭遇した!すごいテンションあがる。
気分の高揚が未だおさまらず・・・超楽しかった・・・ふぇふぇふぇふぇふぇ


私のスカイプアイコンが紙粘土のもちめりなんですが。
「これは何かのキャラクターなの?っ」て聞かれたから、一瞬、「まるい物体に顔つけただけです」とでも答えようかと一瞬迷いました。
んでも正直にアニメキャラクターだと言いました。

そしたら、

「I know Hetalia!」

マジで!!!!!?


しかも聞いたら、同じイギリスクラスタでしたw
彼女はどのエピソードがDVDの第何話かまで覚えてて、劇場版のDVDも持ってるガチでした。
もう新しいエピソードは作られていないのか等など聞かれたので、アニメは終わって雑誌で連載してると教えましたが・・・海外にも待ってるファンがいるんだし、そろそろ第3期やってもいいとおもうヘタアニ。


イギリスのことはIggyと呼んでました^^日本人がイギギと呼ぶのと似たかんじ?
あと、彼女はやっぱり二次創作も読むそうですw


しかし、はじめて数カ月、今までいろんな人と喋ったけど、オタク率高すぎてびびる。
ワンピとハガレンとのだめは基本で、意外に多いのがるろ剣好きさん。
あと、スラムダンクも何人か話題に出ました。


びびったのがコルダをやったことがある人がいたこと。
まさか、外国の方と月森の魅力について語り合えるとは思わなかった。
月森蓮は世界を魅了する。


るろ剣からTM好きになった人もいて、その人SEEDも好きで、タカノリニシカワとイザークについて話したこともありました。


なんか楽しいです。すぐ仲良くなれます。オタクに国境ないです。
フリートークのときは7割がたオタクトークしてる気がします。
オタクにしか対応できなくなったらどうしよう。


・・・ここまで、私もすごく喋ってるように書いてますが、実際、相手の言葉あんま聞き取れてないし、辞書とテキストボックスに頼りっぱなしです。
これから、辞書なしでもヘタリアの魅力を語れるようになりたいです。
あと、米英さんか仏英さんに会いたい。

拍手[0回]

1月1日、父母と兄家族と初売りに行ってきました。
市内の初売りを1日にやるようになってから、毎年元旦から7時起きです。


現場に向かう車から、こんな張り紙を見つけました。

お正月らしくてまことに結構なことです。


でもこのお店

かつら屋さん

かつら屋さんで、どんなお楽しみが待っているというのでしょう。
かつらの福袋とかあってしまうのでしょうか。巻き毛からドレッドまで入ってる。
ある意味、すごく行ってみたかった。

拍手[1回]

こんにちは2012年。なんて近未来を感じる年号なのでしょう。ちなみに、映画の2012は、やっぱゴードン死ななくても良かったと思います。


さて、今は福島に帰ってるわけですが、明日もう東京に帰らなきゃです。あっと言う間すぎる…!


東京に帰ったら、冬休みの総集編でも書くことにします。そんなわけで、皆様今年も、よろしくお願いします!



拍手[0回]

なんとなく毎年恒例となりつつある、家飲み忘年会。
今年の参加者は、空、おみ、あこ、ウサ、ピクです。
会の間中、M氏の置きみやげである、嵐のライブDVDがBGMとして流されていました。


【2011年度忘年会のメニュー】

おでん
土鍋からあふれるくらい作りました。みんなによそってくれるウサがおかあさんみたいでした。
私とあこと空は、ちくわぶをはじめて食べました。
ずっと、ちくわのことをちくわぶと呼ぶ人がいるだけだと思ってました。小麦粉の味がした・・・!


バーニャカウダ(ぽいもの)
あこからの「あたたかい野菜」というリクエストにこたえるつもりが、なんか予想と違うバーニャカウダに・・・。
なんとかギリギリ食えるくらいにできてよかった・・・。
これまでの人生で、未だかつてない量のニンニクを刻みました。私の手は数日間、何度洗ってもくさかった。


となりのから揚げ
いつもどおりジューシー

オリーブ漬け
空がデパ地下で買ってきたやつ


タカノのクリスマスケーキ
おととしも同じケーキだったらしいけど、誰も覚えてなかったからおk!!
おいしかった!!


ジャガビーバターしょうゆ味
あこが3つも買ってきてくれて、皿にあけ、全員で一瞬でむさぼり食った。



今年は、マンゴーのスパークリングワインを買っていました。
そのワイン、シャンパンみたいに、ポンっと開けるやつだったのですが、おみが男らしく開けてくれ・・・・


たのですが


蓋がものすごい勢いで天井に向かって発射され、蓋付近の固まっていたマンゴーの果肉成分も一緒に射出され、天井にマンゴーがブショァって・・・!!!!


あってよかったクイックルワイパー!!!!
写真とっとけばよかった。でもそれどこじゃなかった(笑)


バーニャカウダを作るときも、いろんなドラマがありました。
2011年の忘年会、ドラマチックでした。相当笑った。
来年もまたできたらいいなー^^

拍手[0回]

ろみ様のお誕生会&クリスマス会を、2年ぶり3度目となるメモリアで開催しました!
M氏も一緒でした!ドゥルッフゥー!
おみが来れなかったのは残念だったけど、来週もうちでやるんで取り返せると思います。
会社の同期に、毎年、ほぼ同じメンバーで2回忘年会やるって言ったら、「なんで?」と言われましたwですよねw


ろみのプレゼントも、喜んでもらえてよかった!


例のごとくのクリスマスプレゼント交換会。
去年は、全員が前年と同じ交換相手にあたるというミラクルが起こりましたが、今年はM氏もいたことで、いいかんじにシャッフルされました。


私は空の~☆もこもこ靴下は冬の夜のオタ活の必須アイテムです。ありがとう!

私のプレゼントがあたったひとはさぞかし残念だろう…と思ったら案外笑ってもらえたのでよかったです。飽きるまでぱらぱらしてやってください(笑)


帰りは、月蝕を見ながら帰りました~^^

拍手[0回]

イベントに持っていくお金には余裕をもって。
先週の薄い本のイベントで学んだことです。


イベントで使うお金は一万円までと制約を設けているのですが、先週のは米英オンリーというブレーキが吹っとばんばかりのイベントだったので、誘惑に負けぬよう、野口氏を12人だけ連れて、カードも家に置いて出かけて行ったのですが、あれでした。買って後悔するよりも、買えずに後悔するほうが一億倍悲しい。


今度は、ちゃんと、お財布そのまま持ってきます。


**************************************************

安曇野2日目の2

**************************************************

自転車で、スケッチロードという名のを農道を走ります。
広い田んぼがひたすら続いています。とにかく広くてきもちいい。
草刈りやってる人もいて、草のにおいがします。

安曇野に負けないど田舎育ちですが、山ん中で平地が少ないから、なにげに広大な稲穂の海みたいなのにはそんなに馴染みがない。


畑の真ん中、いきなり蒸気機関車が出現。でwかwいw

民家と畑の真ん中に盛大に放置されてて、なぜ?と思いましたが、そんなところがまた素敵な安曇野です。軽トラにチェロ、畑に機関車。


乗れます。

運転席に座ったり、石炭くべるとこいじったり、ひとしきり遊びました。
使われてた当時のままの姿なので、夜中に走りそう。
そんな私たちを、近所の少年が無表情で見てました。
ご・・・ごめん、大人もけっこうはしゃぐんだ・・・


いわさきちひろ美術館。


なにげに、建物写真とってないのね。いわさきちひろって、ふんわりかわいい子供の絵~くらいしか認識なかったけど、戦争の絵がいっぱいあったり、強い政治の思想を持ってたり、すごく強い女の人でした。

でも、絵かわいい(*^_^*)
ああ、いわさきちひろがちびりすちゃんを描いたら~描いたら素敵よね~ふふふ~*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
この夜、わたしたちは、お土産で買ったいわさきちひろの絵をトレースしてちびりすを描くという罪を犯しました。

美術館裏のラベンダー畑。


同じく(元)ひまわり畑。
真ん中に、おまwどうしたwというくらいでかいやつがいる。


アゲハ蝶うまく撮れた!(そんだけ)

この時点で午後4時くらいだったのですが、ここまで紅茶とケーキだけで生き抜いてしまったのでさすがにおなか空いて、美術館のお土産パイを食糧に買いました。そろそろしょっぱいものが食べたいよね、と言いながら・・・


実は、目的地は美術館ではなく、その先にある古墳から夕暮れの安曇野を見るということでした。
太陽の沈みかたは予想外に早く、チャリを爆走させる私たち。

写真集で見たような夕焼けが見たかったのですが、夕焼けって、いろんな条件がないときれいに見えないみたいで、真っ赤な安曇野は見られませんでした。それでもきれいだったけどね!


高台から安曇野を~という目的のため、古墳へ。
ふつう観光客が行くとも思えない、なんというか、電動自転車なのに安西先生の声が聞こえてくるってどういうことなの・・・?というくらい自転車こぎました。
ほんと、ほんっと、あり得ないくらい山道登ったの・・・!


んで、やっとのことで、目的地に着いたわけです。このお寺の階段をのぼったら・・・


ん・・・なんか動いて・・・・?


ちょ、野生の猿の群れwwwww

けっこう至近距離!
ボスっぽいのがいて、背中に子供乗せたのとかいて、いっぱい出てくるんですこわぁぁぁぁ!!!!!.゜。(゜Д゜;)≡(;゜Д゜)・。゜


安曇野の大自然に感動しつつも、野生のサルに襲われて闘って勝てるとも思えなかったので、ここで試合は終了でした。
目をそらさないように後ずさって逃げました。


ところで、最近自分の文章がオタクくさいのをなんとかしたい←

拍手[1回]

なんだかよく分からないうちに11月が終わろうとしています。
安曇野レポなんて、行ってからもう2カ月たつっていう。そんなもんです。


昨日は本気で写真をやってる上司の個展に行ってきました。
ギターの生演奏に合わせてギャラリーの壁一面に写真が映し出されて、素敵な空間でした。
ワインまでふるまっていただきました。


音楽とかグラフィックとか、いろんな活動してるお仲間もたくさん来ていて、こういう活動に没頭してる大人ってちょっと憧れます。


帰りは、同期のMちゃんと、スンドゥブ食べてきました。
せっかく夜の表参道行ったのに東京スンドゥブ。おいしかったからおkです。


**********************


さて、いつか載せようかどうしようかと思ってた写真。
どんなテンションで書けばいいかわからんですが。

10月に友達の結婚式があって、ついでに実家に帰ったとき、相馬に行ってきたのです。
福島以外の人でも知ってるんですかね、相馬・・・。
津波の被害がすごかったところのひとつです。


うちから車で一時間くらいのところなので、海といえばここでした。
潮干狩りとか釣りとか、魚買いに行くだけとか、ちょくちょく行ってました。
というか、父と母は、震災の前の週の土曜に行ったばかりだったという。


松川浦の潮干狩り場に行くまでの海沿いの道路。
倉庫かな?がそのまま沈んでます。



「相馬の笑顔をとりもどそう」の旗の後ろに沈んだバス。

東京では「日本」や「東北」という大きなくくりがほとんどですが、こっちでは、市町村や地域ごとに、こういうキャッチフレーズがあります。


潮干狩り場の駐車場。
このへんの道路沿いには炭火焼の魚を露天販売してる商店がいっぱい並んでいたのですが、今は、壊れた看板が落ちてるだけです。


潮干狩り場。海の上に出っ張ってるのは家の屋根です。

潮干狩り、3歳で潮干狩りデビューして以来、高校卒業まで毎年欠かさず来てました。
甥っ子が大きくなったのでそろそろデビューの話が出てたのですが・・・。
食堂はなくなってたけど、あの汚いトイレは流されてなかった。


魚市場。看板しか残ってません。
駐車場もいっぱいで、活気がある場所でした。


ほんときれいに何もなくなっちゃった。
千円で鯛を買えば甘エビやらハマグリやら、買った以上におまけをつけてくれるから、どんだけおまけがくるかいつも楽しみでした。

あの漁師さんたちが元気であることを願うばかりです。

処理されてない瓦礫の山。山というか、壁みたいになってる場所もある。


建物はだいたい、こういう壊れ方をしています。
遠くから見ると、よかった、あの建物無事!と思えるのですが、近づくと、1F部分が流されてるのです。知ってる建物だと、なんとも言えない気分になります。




こんな広大な土地なかったよ。
地平線の向こうに水平線が見えるなんてこんな景色。

陸側をみると、壊れた車や家の残骸が、だだっぴろい土地に、ぽつん・・・ぽつん・・・と落ちています。


新興住宅が並んでたと思われる場所ですが、家の土台が残るのみ。
半年以上たって、草が生え、生活の痕跡はもう見えません。



他にも、あり得ない場所に船があったり、道路標識がなぎ倒されてたり、ほんとに、そのままです。
復興ではなく、片づけた、というレベルです。
復興とはいいますが、たとえお金があっても、どこから手をつけていいかなんて考えもつきません。
行くまでは、数年経ったらまた元通りに近くなるのかな・・・と漠然と思ってましたが、とりあえず、そんな簡単じゃないと分かりました。


釣り人やサーファーが復活していて、びっくりしました。逞しいというかなんというか。
原発近いのに、サーファーたちは大丈夫なのかしら・・・
とはいえ、人が集まることはきっといいことです。


今年の年末年始は、甥っこと兄夫婦も来ません。寂しい正月です。
来年はどうなんだろう。何をどうすればどうマシになるのか、なんも分かりません。
とりあえず、いろんなことがためらいなく大丈夫になるときがきてほしいです。


あ、今年は早ければ27日に福島帰るよーと告知(笑)

拍手[0回]

口内炎が同時に3つできた!!!!

拍手[0回]

書翰集 (カフェ)


こちらも、細い林道に入ってしばらくいったところにひっそり建っています。
数ある安曇野のカフェの中でも人気のお店。


お昼どきにいったので少し混んでいて、店員さんに「窓際と二階のお席が埋まってるので…」と通された部屋が最高でした。

余った席とか嘘だろう…!私と空でひと部屋貸切でした。


壁が一面本棚です!!中身は、哲学書とか社会論とかで一貫してます。
さすがに手に取るような題材ではなかったけど、それが逆に昭和のレトロさ(コクリコ坂とかの時代とか)のようなものを醸し出してて、燻し銀のようないい味を出してます。
このカフェは雨の日が似合う。


ケーキと珈琲(あえてこう書きたいw)のセット

コーヒーにミルクを入れようとしたら、店員さんにブラックを勧められました。
良い珈琲の違いを語れる大人になりたいです。


■自転車でしばらく移動

軽トラにチェロ。

突然あらわれた不思議な風景です。

リンゴが鈴生り。


普通のリンゴ畑はきれいに均等に一個一個大切に育てられてるものばかりだけど、
ここのリンゴは、大きさもまちまち、小ぶりで真っ赤でのびのび育ってます。
すごくかわいい。


■大熊美術館・安曇野文庫(カフェ)


19世紀の末から現代までの、ロイヤルコペンハーゲンの窯で焼いたクリスマスプレートが展示してあります。ものすごい数。
童話モチーフのものや、風景を切り取ったものまで絵のテーマもいろいろで面白い。
いいよね北欧・・・


同じ敷地内にカフェがあって、そこではロイヤルコペンハーゲンのカップで紅茶が楽しめます。
チーズケーキがおいしかった!

薪ストーブもあります。
静かで居やすくて、けっこう長居してしまった。

拍手[1回]

PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]