忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こうして、リスボン観光はひとまずここで終了!
ホテルに戻って荷物を持って、タクシーでポルテーラ空港へ。

空港のチェックインカウンターの男性スタッフの瞳の色が美しすぎて、構内のカフェで彼への口説き文句を談義しました。なんだっけー!すんごい笑ったのだけ覚えてるんだけどー!
「・・・・・チェックインしたいんだけど、君に」みたいなそんなノリだったー!メモっとけばよかった!
このカフェでも、しつこくエッグタルトを食べました。

その後は、構内のお土産屋さんで最後の買い物&時間つぶし。
アズレージョのマグネットとか、コルク栓とか、石鹸とか、街で買うより割高だけど、やっぱりかわいい。

帰りも再び、リスボン→ドバイ→羽田まで20時間を超える道程です。

帰りはクゥが体調を崩してしまって、相当大変そうでした…。
ドバイの空港では乗り継ぎに4時間の待ち。構内に仮眠がとれる椅子?ベンチ?が並んでるところがあったので、クゥはずっとそこで横になってました。
私とウサは、喋ったりPSPやったり、適当にダラダラと。午前4時でなければ、空港の外にも出てみたかったな!
ドバイのトイレの列は、人種や言葉が混在しまくりでやっぱり楽しい。


ドバイ→羽田の間で、私はついにミクさんを全クリしました!!!!!!!!!
すごいがんばった!指震えるくらいがんばった!感動の達成感!
おかげさまで、ほとんど寝ませんでした!!!!!!!


そんなこんなで深夜の羽田空港に到着し、予約していた宿泊付きのスーパー銭湯へ。
毎度毎度のことですが、こう、日本に帰ってきた瞬間に最初にがっかりするのは人々がせわしなく動き回っている姿だったりして。日本人って、ひと繋ぎに流れている時間を細切れに細切れにして生きてるよね。

スーパー銭湯(天然温泉!)に風呂ー!!ってなり、風呂上りに瓶牛乳を飲み、宿泊スペースが予想以上の雑魚寝状態にびびったけど疲れてたから気にせず爆睡し、朝は塩じゃけの定食を食べて解散でした!

今回のリスボン、短い旅行でしたが、内容は濃かったと思います。
煌びやかでも豪華でもなく、首都なのに決して都会ではなく、良く言えば素朴で、言い換えればちょっと寂れてる。だからこそ地元の人の中を歩いてるって感じがして、数日いただけの観光客にとってはとても素敵な街でした。こういうヨーロッパもあるんだな、と。
それに、ポルトガルの知識は完全に江戸時代で止まってたから、日本が鎖国して以降のポルトガルに何があってどんな歴史を辿ったのかなんて、旅行に来なければ気にすることもなかっただろうから。
干し鱈ひとつで歴史のいろんな点と点が繋がったポルトガル、楽しかった!エッグタルトの味は忘れない!

もしまた行くことがあったら、今度はポルトに行ってみたいです。

あと、今白状すると、帰りの飛行機でクゥが食欲なくていたときに、もし機内食の塩じゃけ食べないみたいだったらもらおうかと待ちかまえてました。

拍手[0回]

PR
シントラをあまりにも見くびっていました。
4~5時間でざっくり雰囲気を楽しめば満足できるでしょ?みたいな。
シントラは、ほんとにね、一泊してもいいくらいだったね!

後ろ髪引かれる思いでレガレイラ宮殿を後にして、再び徒歩でシントラ市街地へ。
痛む足を引きずって雑貨屋の物色と買い食いに精を出しました。


常に飲んでるジンジーニャ。ここのはサクランボ入ってた♡
 
シントラにも、可愛いお酒屋さんがあります。
同じものでも、リスボンより少し安いイメージ。
お土産に良さそうな、小瓶のポルトワインやジンジーニャもたくさんありました。
ポルトガルの酒瓶はいちいち可愛くて目移りする////


誘惑に負けてジェラート。

私はチョコチップミントにしたのですが、チョコチップミントの存在に関しては、長いことクウと平行線をたどったままです。
きっと、一生分かり合うことは無いのでしょう。


シントラ名物、ケイジャーダのお店
 

チーズを練り込んだ焼き菓子です。
ポルトガル中どこでも買えますが、シントラのものは特に名物だそう。
ずっとエッグタルトを食べ続けていたので、ケイジャーダは初です。
 
パリパリの皮の中に、チーズ風味のこんがりマフィン、みたいなかんじです。
おいしい……んだけど、せめてさっき食べたジェラートをコーンにすればよかったなって!
お店行く頃にはお腹いっぱいだった!あああ

名物のケイジャーダ以外にも、エッグタルトをはじめいろんなお菓子が並んでます。
 
超個人的な感想ですが、私はケイジャータよりもエッグタルトのほうが好みです^///^
パリパリサクサクのパイ生地とトロットロのカスタードクリームたまらん。
今食べたい。

お土産用に、こんな筒状になっても売ってるよ!
 
リスボンのパン屋さんやお菓子屋さんで紙の筒置いてあるの見たな~と思ったら、あれってこのケイジャーダだったんだ。って後で分かった。

ポルトガルのお菓子屋さんは……って、もちろんそんなにたくさん行った訳ではないけど、どのお店でもだいたい商品のラインナップが同じに見える。あと、全体的に素朴な色合いで大人しい。
商品自体の個性ではなく、それぞれのお店の味で勝負してるのかな?
エッグタルトは、どこでも必ず置いてあるようでした。


再びシントラ線に乗り、もしゃもしゃケイジャーダを食べながらリスボンに戻ります。
この時点で、15:30くらい。

拍手[0回]

シントラでのメインイベント、レガレイラ宮殿。(リンク先音注意)
そもそもここのためにシントラ来たようなもんで、計画時のウサのプレゼンの賜物です。
ようつべの動画見せられて、テラRPGwwwwwと、一気に心鷲掴まれました。

テレビでも雑誌でもペーナ宮ばかりが取り上げられて、すごく影が薄いレガレイラ宮殿ですが、RPGで城型ダンジョンが大好きだという人は、何を差し置いても行くべきです。
城内めっちゃ歩くので、回復アイテムや移動速度の上がる靴などを装備していってください。

レガレイラ宮殿までは、シントラ市街から徒歩で行けちゃいます。
途中の可愛いお土産屋さんにひっかからなければ、15分くらいでしょうか。


入り口でまず、このようなどう見てもダンジョンのマップが渡されます
とにかく広い。
17世紀の王族の別荘だそうです。別荘って規模じゃない。
観光客がたくさんってこともなく、基本、とても静かでした。


入る前にちゃんとセーブしとかないとな…と思わせるたたずまい。

出現するモンスター:ガーゴイル、ゴースト系、アーマー系。

草木に覆われ、朽ち果てた廃城。
 

こんなでもトイレの近く。
 

逃げ場の無い道でのエンカウントは危険なので、パーティーの先頭はHPの高い人が担当しましょう。

ムーアの城跡でも相当歩いた後だったので、腹ごしらえした後に来て大正解だった…!

至るところに、このような塔があります。
もちろん、全部のぼれます(とても楽しい)


城内。
宝箱は取りこぼしの無いように回収しましょう。


天井の魔法陣で回復できます。
あと、奥の女神像でセーブするのを忘れずに。


観光地にあるまじき真っ暗な洞窟を抜けると、


突然美しい泉と滝が現れます。なんで別荘に洞窟と滝が。


↑この写真で、右側にまた暗い通路が続いてて、それを通り抜ければ滝の向こう側に見える岩でできた橋に出られるのでは?と踏んだ私たち。

あの橋のとこで写真撮ってあげるよーとウサだけを行かせ、クウと二人で待機してたら、
 
予想外すぎる場所から出てきました。
歩けんのか!そこ、歩けんのか!wwwwww

踏み外したら一環の終わりなかんじの飛び石。
めっちゃ足場狭い。ここは観光地^^



そして、ここが見たかった……!
螺旋階段!!!!
敵キャラに追われたヒロインが駆け上ったり、「ここは俺が食い止める!お前は早く上へ!……大丈夫だ、俺もすぐに追いつく」ってやる場所ですね!!
 

下から見上げたところ。
これ、体験版のGCでもなんでもないんだぜ…?すごい興奮した。
  

広大すぎて時間も無くなってきたので、この螺旋階段を最後に引き返しました。
これからレガレイラ宮殿に行く方は、特にこういう場所好きで体力もある方は、半日くらい時間を取ることをおすすめします!
  

拍手[1回]

こんなものをネットで見つけたので答えてみる!
偉そうに言えるほどいろいろ行ってないけど。

01 公開可能なお名前(ハンドルネーム可)、年代、性別、独身or既婚
ハンドルネーム:ピク
性別:女 独身
年代:緑川光といえばヒイロユイとゼルガディス

02 運営サイトまたはブログのURL(あれば、代表的なものをおひとつ)
ほとんど停止してるこのブログ
旅行記はね、いつか書こうとはね、思ってるのよ。

03 出身地、現住所(差し支えない範囲で)
出身地:東北
現住所:東京

04 職業(出入国カードの職業欄にはいつも何て書く?)
OFFICE WORKER

05 英語、その他外国語の習得レベルは?
●英語:ご飯食べたり買い物したりはできる
●イタリア語:食材の名前はやたら覚えてる
●モンゴル語:こんにちはとか、お花とか、星とか、月とか、両手で足りるくらいの単語
●クメール語:勉強しようと思って30分で放棄した
●スペイン語:大学で単位落として2回やった

06 初めての海外旅行は何歳のとき、誰と、どこへ?
26歳のとき、友達とモンゴルへ。
新宿の雑踏を歩いていたとき、唐突に、とにかく人間の少ない場所に行きたくなった。

07 これまでに何回、何カ国旅した?
日本を出たのは6回。5カ国。(モンゴル→イタリア→イギリス→カナダ→モンゴル→カンボジア)
来月ポルトガル行くので6カ国目。
トランジットだけだと、オランダ・韓国・次回ドバイ

08 一番長く滞在していた国は?滞在期間は?
イタリアで2週間
長くとも言えない日数だけど。

09 一番長く滞在していた都市は?滞在期間は?
メストレに一週間。

10 一番長く乗っていた乗り物は?乗っていた時間は?
イタリアに行くのに、トランジット抜かして15時間?かな

11 陸路(飛行機以外)で国境を越えた回数は?
ドーヴァー海峡越えたかったよ!!!!

12 海外旅行するための休暇はいつもどうやってとる?
まとまった休みが取りやすい仕事なので、あまり困ったことはない。
旅行の日程が決まった瞬間から、「私、ここいませんから!!」って方々に主張する。

13 お金はいつもどうやって持っていく?(米ドル現金、T/Cなど)
クレジットカードと現金両方。
現金は、行き先と滞在日数に合わせてお小遣い程度。
旅行先では財布の紐が逆に固くなるほうで、たいてい余らせる。

14 両替で困ったことは?(あれば、具体的に)
特に困ったことはない。
アイスランドの噴火でイタリアから帰れなくなったとき、手持ちのユーロなくなって、
ATMも信用できなくて、窓口で財布の中のドルと円をありったけ出して、
これ全部ユーロに換えてくださいってはやったことある。

15 日本からのおみやげ、持っていくなら何?
モンゴルには、成田で買った和柄の包装のお菓子を持っていった。
ホワイトホースのロッジには、自分で飲むつもりで桜ワイン持ち込んだんだけど、結局オーナーさんにあげた。
その日泊ってた人みんなで飲んで、喜んでもらえたようでよかった。

16 これだけは欠かせない、っていう海外旅行の持ち物は?(定番以外)
こいつら
 
周りに人がいない瞬間を見つけて撮るのがけっこう大変。

あと、現地のマーケットで食材買って食べるのが好きだから、
行き先に応じて、箸とかカップとか果物ナイフとか持ってく。

17 これだけは譲れない、っていう海外旅行中のこだわりは?
スーパーマーケットとか、本屋とか、地元民の普段使いのお店で買い物する。

18 好きな航空会社ベスト3は?(理由も)
ランキングできるほど乗ってないけども。
●KLM:夜食にカップヌードルとアイスが配られたのは感動的だった。おしぼりが配られたり、細々としたサービスが行き届いてて日本人の心をわし掴む。また乗りたい。
●アシアナ:アテンダントさんのエプロンがかわいい////あと、帰りの席がなぜかビジネスクラスになってたから快適なイメージが植え付けられている。
●ブリティッシュエアウェイズ:英厨として、スナックにショートブレッドが出たのはポイント高し。

19 どこのマイレージ会員?会員レベルは?

20 飛行機の座席はいつも窓側?通路側?
窓側。
飛行機の中では基本的に一睡もできないので、音楽聴きながら窓の外を眺めるのが楽しみ。

21 飛行機、列車、バス、船、を好きな順に並べてみて
馬>飛行機>列車>船>バス
飛行機が飛んでる意味わからなくて離陸のときの手汗すごいんだけど、乗ったときのワクワク感は否めない。

22 海外でヒッチハイクしたことある?(あれば、どこで?)
ない

23 ホテルはいつも予約する?しない?
予約する。航空券とセットのやつ。

24 ホテル選びのポイントは?
できるだけアクセスが良いところ。あとは特にこだわりは無い。

25 とくに印象に残っているホテルは?(理由も)
●メストレ(イタリア)のホテル
トイレの水が一回流すと30分流れないため、2人目はどんなにトイレ行きたくても30分後にしか入れない。
2回流す必要があるときは、用を足した後、水がたまるまでついでにシャワーを浴びる。
●ロンドンのホテル
・到着早々トイレの水が詰ってて、苦情言ったらズッポン持った人が来て、作業の後便器に突っ込んだそれを洗面台で洗って去っていった。
・フランスをベッドの下に落として出かけてしまったらしく、帰ってきたらきちんとベッドに横たえられていた。穴があったら入りたかった。

●モンゴルのゲル
・日数が経つにつれて、薪ストーブの火を焚く技術レベルが上がっていく手ごたえを感じる。
・気が付くと家畜に取り囲まれている。

26 この世で一番美味しいと思っている料理(食べ物)は?
・じゃがビーのバターしょうゆ味
・大草原の月明かりの下で飲んだ酒、オーロラを待ちながら飲んだアイスワイン、現地で飲むお酒は漏れなく世界一美味しい。


27 これまでに食べた料理(食べ物)の中で一番辛(から)かったのは?
じいちゃんがしし唐だと言うからかじったら唐辛子だった

28 帰国して真っ先に食べたい日本食は?
和食の居酒屋に行きたい。寿司とか豆腐とか。

29 現地の食事で苦労したことは?
●モンゴルの遊牧民のお宅で、どんぶりタプタプに馬乳酒を差し出され「お・・・おう・・・」ってなった。
●同じくモンゴルで、遊牧民の奥さんがヨーグルト出してくれたんだけど、冷蔵庫無しの壺から出てきて、食べないのもすごく失礼だし、でも食べたら腹が死ぬかもしれないしという葛藤
●イタリアのトラットリアで一人一品ずつ前菜・メインを注文したら全てがギガントサイズで、あれは何かの苦行に違いなかった。

30 現地のトイレで苦労したことは?
●ロンドン塔の夜のキーセレモニーのまでの時間つぶしにパブで飲んでたらトイレが近くなって、ロンドン塔近くの公衆トイレに駆け込んだらトイレのくせに「本日は終了しました」って書いてあって、最寄りの駅員さんに聞いたら最寄りのパブに行ってくれって言われて、そんな時間無いままセレモニーに突入して、セレモニーの間中便器のことしか考えてなかった。
●モンゴルで、トイレにたどり着けない場合はそのへんでした。解放感半端ない。
 平原すぎて隠れる場所がないときは、馬の群れの影に隠れた。

31 海外で大きな病気にかかったことは?(あれば、どう対処した?)
大事になったことはまだない。
●イタリアで疲労骨折疑惑。激痛で数日間びっこ引きながら歩いてたんだけど、ある日突如解消して謎。
●モンゴル2回目の帰りの飛行機で、目の前が真っ白というか金色になるほどの激しい目眩とものすごい吐き気に見舞われ、気絶寸前だった。原因不明。
●カンボジアで、謎の鼻水と脈打つような頭痛が消えなくて、もしかすると熱中症ギリギリだったかもしれない。

32 海外で警察のお世話になったことは?(あれば、どこで?)
お世話になりたかったのに、どこ探しても警察に出会えなかったイタリアのメストレ。

33 武勇伝(自慢話)をおひとつ!(あれば)
・ローマで、1日で4万歩歩いたこと。ビッグマック1つ分のカロリーを消費した。
・アイスランドの火山が噴火して欧州航路が完全封鎖されてイタリアから帰れなくなったという事態。


34 現地人から受けたもてなしの中で一番印象に残っているのは?
●遊牧民の家飲みに誘われて行って、ゲストが持ってきた酒は空になるまで飲まなければならないという文化的なルールのもと、ウォッカ(750ml) をストレートで、6人で飲み干さねばならず(1つのグラスを回し飲み)、本気で無くなるまで帰ることは許されず、ヤケクソでグラスを一気飲みし続けた。

35 やたら親切な人が多いな~と思った国は?
なにげにイギリス。
・閉店時間過ぎたのに、ゆっくり食べてていいよ~と言ってくれたマックの店員。
・バス降りて地図の確認してたら若者数人に囲まれて、絡まれる!と思ったらホテルへの道を教えたくれたうえ、私たちが正しい方向に向かうまで見守っていてくれた。
・コヴェント・ガーデンだっけかで地図の確認してたら英国紳士が歩いてきて道を教えてくれて、友達の手の甲にキスして去って行った。

36 やたら冷たい人が多いな~と思った国は?
どこの国でも、若い女性ってどうも冷たい印象がある。
年配の人はどこの国でも優しい。

37 やたら美男美女が多いな~と思った国は?
イタリア
公園のおじいちゃんおばあちゃんも、自転車に二人乗りする高校生も、映画の中のカップルのように絵になる。

38 これまでに訪れた、美しい風景ベスト3は?
・モンゴルの夕暮れと夜明けの空

・ホワイトホースのオーロラ

・ヴェネツィアの運河
 


39 海外で日本人らしき人を見かけたとき、最初に何て声をかける?
とりあえず会釈してみて、向こうも頭下げたらたぶん日本人

40 旅先で知り合った異性と相部屋したことは?
ない

41 旅先で知り合った異性と旅したことは?
妄想がふくらむシチュエーションです

42 旅先で恋に落ちたことは?
建物になら

43 自分が日本人だな~と思う瞬間は?
チャオ!と言いながら無意識に頭を下げる

44 自分が日本人で良かった!と思う瞬間は?
・日本の東京に住んでるって、オタクとしては世界最強。
・帰国して最初のご飯を食べたとき、日本の料理(日本食に限らず)の完成度の高さに感動する。
・きれいな水と安全が空気のように存在するってすごいこと。

45 日本は好き?日本に永住するつもり?
正直終わってると思う部分も多々あるけれど、嫌いになれるはずはないです。
どこかに移住するような流れがあったときは、それもいいと思う。

46 住んでみたい国は?
イギリスのコッツウォルズ。
とても現実的に考えると、札幌。

47 何才まで旅していたい?
体が動く限りは。80代になっても国際便に乗ってる人とかかっこいい。

48 死ぬまでに絶対行っておきたい国(場所)は?
ウユニ塩湖。
行きたいなら、そろそろ行っておかなきゃとは思っている。

49 最期に一度だけ旅できるとしたら、どこへ行きたい?
ウユニ塩湖、まだ行ったことないけど、行ったらもう一度行きたくなるんじゃないかな。

50 あなたにとって、旅とは?
リアル異世界訪問。
物ごころついたばかりの子供って、見るもの全てが不思議で意味が分からなくて興味津々で楽しいんだろうけど、大人になってもそれと同じ感覚を経験できるのが海外旅行と思う。ほんと楽しい。

拍手[0回]

残業

ミラクル上司が今年も神戸屋のブッシュドノエル買ってきてくれた

拍手[0回]

もう1行日記でいいや、日記じゃねえ、記録だ。

・くーと横浜のえの木ていでケーキ

・まさかの40分待ち。

・方々からオタクトークがきこえる。そうだここは横浜だった。後ろから森川という単語が聞こえてきてそわそわ。

・同期のMちゃんと合流し中華街へ

・ものすごいおいしい杏仁ソフトを食べる。なんかとんねるずの番組のお墨付きとか。ほんとすごいおいしい。

・1980円食べ放題の店に行ってはいけない。今度はテーブルが回る本格中華の店に行きたい。

・大根もちがなぜあんなに焦らされたのか謎

・大根もち来ないから2回注文したら帰る間際になって2皿来た

・でも大根もちはおいしかった

拍手[0回]

くーとレ・ミゼラブル見てきました!

とても良い映画でした~。
すごい無情でした。
人間って、すごく難儀な生き物ですね・・・

エポニーヌがすごい健気でもう、キングオブ鈍感のマリウスを殴りたくなりました。

ミュージカル仕立ての映画っていいですね!
シカゴも、ムーラン・ルージュも好き。

レ・ミゼラブルは公開中もう一回くらい見に行きたいです^^

拍手[0回]

会社の忘年会がありました。


うちの会社、バンドマン率が実はすごく高かったらしく(若いときやってたも含む)、社内で4組くらいバンドが結成されて、終始生ライブでした。サイリウムまで配られた(笑)


ガチでやってる人もけっこういるせいで、レベル高いとこは高くてびっくり。
私もその中のひとつにキーボードで誘われていて、例のごとくめんどいの一言で断っていたのですが、見てたら、やってみてもよかったな~と思う一方で、足引っ張りになりそうだから断ってよかったとも・・・^^;
普段はパワーポイント打ちこんでるとこしか見たとこ無いクソマジメな先輩のドラムがプロ級で、5割増してかっこよく見えたとかなんとか女子の間でささやかれてましたw


帰り、同期のMちゃんとカフェに寄るつもりで他の人々とは逆方向に向かったのですが、なぜかミラクル上司がそわそわしながらついてきました。
カフェの入り口まで来て、ここで閉めだすのもかわいそうなので誘ってあげたら(超上から目線w)、パッと顔を輝かせてついてきました(笑)
ミラクルも来年で定年・・・なんだかんだでいなくなると寂しい、不思議なマスコットです。

拍手[0回]

「父の車が後ろから追突された」と、別件で電話をかけてきた母から、ついでのように聞きました。
あ、渋滞中に後ろからコツンってやられただけだから、車ちょっとへこんだだけで怪我とかは全然大丈夫みたいなんだけど。
現場検証とか、修理の手配とか、一応病院で検査とか、ぐったりだったとか。

しかし、電話にかわった父がめずらしくマシンガンのように一連の愚痴を喋りはじめたんだけど、なんというか、50%くらい聞き取れなかった(笑)
私が駅のホームにいたこともあるけど、それにしても、早口の方言が、まるでじいちゃんの言葉のようでして。うちのじいちゃん(90)の言葉も、ここ10年くらい外国語並みに聞き取れない。
なんか、父も年とってきたのかしらね、と。

ちなみに、母の電話の用件は、ニュースで日本橋でビル火災があったから、偶然そのビルに居あわせていないか一応電話したって。
電話くるまでそのニュース自体知らなかった。


拍手[0回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]