忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やたら長丁場で気疲れする夢を見て寝た気がしない・・・。

昨日は、ポッキーが東京に途中下車したので、ごはんなどに行ってきました。

ごはん(というかだらけ)前に行ったセンター街の鯛焼き屋さん。
http://www.the-taiyaki.com/
世界の鯛焼きという珍しいラインナップで、ポッキーはイタリアン、空はジャーマンポテト、私はロイヤルミルクティー。


鯛焼き食べたかったというより、もはや義務感だな(笑)


ロイヤルミルクティーは、生地に紅茶の茶葉が練りこんであって、中には、紅茶風味の餡と練乳が入っていました。軍隊式でした。


空とポッキーのはおかずになるかんじ。


世界の鯛焼きという時点でものすごい矛盾を孕んでいるのですが、おいしかったからいいです。祖国の魔改造の真髄がここにありました。



夜ごはんは、おみとウサと合流して、フランス家庭料理のお店に行きました。
http://www.ctn139.com/index.html
会話の内容ほとんど覚えてないのですが、ものすごい笑った気がします。
ワインはボトルでたのむといっぱい飲める。
料理もおいしかった!たいやきで若干おなかいっぱいだったのが残念(笑)

拍手[1回]

PR
花びらのよう色づいた萼
紫陽花はそう 偽りの花~


弁慶、懐かしい。
そんなわけで、紫陽花の鎌倉行ってきました!
小雨が降ってたのは残念だったけど、紫陽花は雨のほうが似つかわしい気もします。


駅の周辺、明月院、そこらへんの道端、人んちの庭、どこの紫陽花も色が濃くてほんとに見事でした。
紫陽花の群生を見るって、ありそうで無いですよね。


   



紫陽花の他に、夏椿も見ごろだったようです。
けっこう見逃して歩いてた。
てか、沙羅双樹(平家物語前文に出てくる、花の色が盛者必衰なやつ)って夏椿のことだったのですね!知らなかった!


鎌倉を歩いていると、●●の墓、みたいなのをたくさん見かけます。
源氏や、北条氏の。
いつか、渡辺党の墓参りにも行かなきゃね、と空と話してました。
・・・渡辺党。大学の平家ゼミで、渡辺党のせいで3徹した、因縁の(うちらにとって)4兄弟。


石の水盆の中の金魚。明月院より。涼しげだからアップ☆
金魚も、水槽なんかより、こっちのほうがすごく立派で可愛く見える。



Kは、鎌倉がほとんどはじめてたっだので、観光コースはお決まりのもの。
北鎌倉→明月院→若宮大路・小町通り→由比ヶ浜→長谷→大仏・・・・・のはずが、長谷寺は、行った時すでに閉門してました・・・。
小町通りでジョイナスしすぎた。
仕掛け絵本屋さんで、ページに隠れたきいろしかくちゃんとあかまるちゃんを、あんなに本気で探さなければ間に合ったのかもしれません。


さて、観光の合間に、いろんなカフェに行きました☆
お昼は、カフェじゃないけど、お馴染みの『笹の葉』。


もっとお店を開拓したいのに、いつも来てしまうんですよね。
だって美味しいんだもん。
紫陽花の季節は、紫陽花御前オンリーでした。
相変わらず、凝っててヘルシー。
個人的に言うと、ひさしぶりのまともなメシが笹の葉なんて、最高の幸せでした(笑)
もう一膳食えた!まじで!


次は、甘味どころ『ことのは
写真、豪快にブレてますね。すみません。

誰かのお宅におじゃましたようなお店です。
写真は、注文した「ことのはあんみつ(白玉クリームあんみつと抹茶のセット)」。

つぶあんとこしあんが選べるのです。
美味しかった!

あんみつももちろんなのですが、普通にお冷かわりに出てくるお茶がものすごい美味しい。
え、いいの?タダで。イタリアだったら3ユーロ取られるぜ?

お茶碗やあんみつのお皿は、全員が違うもの。
ひとつひとつ手作りの焼き物なんでしょうね。いびつなのが可愛い。
お皿見てるだけで満たされます。


次は、長谷の近くにある『かうひいや3番地
江ノ電長谷駅を少し越えた裏道に、ひっそりと建っていました。
ここ、どうしようもなく素敵なカフェでした!


所謂、古民家カフェというやつです。
古い和式の古いおうちを、洋風のカフェに改装したもの。
仄暗い店内に、年季の入った木目の壁と柱。
テーブルは足踏みミシンの台だったりするのです。

BGMはレコード。
いろんなところにレトロなインテリアが飾ってあります。
縁側からは懐かしいかんじの庭。
お店用に手入れされた庭じゃなくて、ほどよく手入れされてて、ほどよく放置されてる類の。


雨が降ってたせいもあるけど、静かで、ものすごく居心地がいいのです。
雑誌に載ってるお店ではあるけど、いつもひっそり静かであってほしい・・・と思ってしまいます。


おなかもいっぱいだったので、ここでは飲み物だけの注文。
カフェオレの上には、泡立てた牛乳がふわふわに乗っています。


最期は、七里ガ浜沿いにある『麻心』。
ここは、前に私が、ひとりでチャリで鎌倉に行ったときに寄ったお店です。


晴れていたら、大きな窓から鎌倉の海がきれいに見えます。
木目調で可愛い店内ですが、ことのはや3番地と違って、海を意識した店内です。


ここで夕飯。かま揚げしらす丼を食べました。ゆず醤油をぶっかけて美味しい。
デザートがてらに、緑茶ラテを飲みました。
緑茶と牛乳がこんなに合うとは知らなかった!
粉末緑茶と牛乳で、自分でもできないかな。
これハマる。


そんなこんなで、あっという間に夜です。
雨が止んでたら、浜で花火もやりたかった~


一カ月ぶりの休日。
時間をかけて食べる美味しいご飯が幸せ。遊ぶのが幸せ(笑)

拍手[0回]

奇跡的に仕事が早く終わったので、Mちゃんと一緒に写真家やってる上司の個展見に行って、その後、空と合流。
夜カフェで飲んできました!


行ったのはattic roomというセンター街の隠れ家カフェです。
超隠れてます。


ブランコみたいなテーブルに、小さな裸電球だけの(メニューも見えないくらいに・笑)薄暗い店内。
程良く静かで、席もゆったり。妙に落ち着けるので、3時間半居座りました。


しかし、落ち着いた雰囲気とは裏腹に、話題は酷いもんだった・・・
3人の社会的何かとかなけなしのプライドとか、そういうものにかけて、とても書けませんが。

わたしだけじゃなかった!!
とか
キッチンと生命の神秘
とか
納豆の斬新な食べ方


とか、うん、もう、うちらだめだわ。
笑いすぎて腹筋が死亡しました。

拍手[0回]

約5か月ぶりに、ろみと遊びましたー。
月日がたつのが早すぎて、正直びびります。


なぜか今日は、私以外の2人が腹痛に悩まされていて、
いちばんピンピンしてる私がいちばん運転できないという。
この免許証は飾りだよ。まったく使えないやつです。ごめん↓


あいにくの雨だったので、主にドライブ。
車の中で、とても言えないあられもない話ですげー盛り上がりました。
雨の日は、人を変えるね・・・


おやつに、パペルブルグというカフェに行きました。
蔦の絡まった古い洋館。
蝋燭のような明かりだけの薄暗い店内の真ん中で、サイフォンがコポコポいいにおいをたてています。
お客も、なんとなく静か。雨の日がとても似合うお店です。
向かいのカウンターに、ハンチングを被ったミステリアスな老人が本を読んでいたりして。


店の奥にはアンティークなグランドピアノが一台置いてありました。
きっと店を閉めた後、ロマンスグレーの店主が、一人で鍵盤をポーンと鳴らすんです。



雨の音に耳を傾けながら店主がピアノを弾いていると、店のドアが静かに開いて、あこが恐る恐る入ってきます。


「すみません、雨で帰れなくなってしまって・・・」
「どうぞ、中へ。今、温かいコーヒーを淹れて差し上げましょう。」


物語のはじまりです。
こんな妄想が空と私の頭ん中に一気に押し寄せたような、そんな素敵なお店でした(どんなだ)
なんであこかと言えば、世界がそういうふうにできているからなのです。


そんな幻想的な店内で、私たちは記憶スケッチをしてました。
すげえKYですね☆


空作『フランシスコ・ザビエル』



ろみ姫作『織田信長』


ピク作『杉田玄白』



おまけ 『九郎が自分の髪でラ ランランララランランランの図』(空作)



その他にも、黒柳徹子とか、中尾彬とか、天野喜孝のタッチでおみを描くとか、いろいろやりました。楽しかったです。
私のガンダムは忘れてください。


あと、このお店、トイレの洗面所だけでコスプレのロケできそうな素晴らしさ。家具も調度品もキリストン張り。
でも、便器の周りはなぜか宇宙空間のようでした。

拍手[0回]

空と、池袋駅西口の、VCROP cafeに行ってきました!


久々の池袋。
すれ違った女の子たちから「でもそれ実写にするのはどうよー」という声が聞こえてきて、ああ、ホームタウンなんだな、と思いました。


さて、小奇麗で、小さな小さなカフェです。
その小さな店内の、さらに隅っこの席を陣取れて幸せでした。


かぼちゃのペーストや、抹茶のケーキが、素材の味を最大限に活用しましたーっていう仄かな甘みで、不思議な美味しさでした。


あんまり居心地がよかったので、夕飯までなだれ込みます。
ケーキ→食事というめちゃくちゃな順番。


カレーも、少しすっぱくて、お肉が溶けてて、すごくおいしかったです。
量が多かったことも、私的にとても良し。


いろいろ喋ってて、どうやら私は去年あたり、ものすごい損失をしていたことが判明しました。
あ、ぜんっぜんマジメな話題ではないのですが(笑)


大きなことでも、小さいことでも、迷ったときはとりあえず乙女ゲー思考で考えてみればいいのですね。


目の前に選択肢をいくつか置いてみれば、今後のシナリオを進めるうえで、明らかに間違っているものは、一目了然でわかるのです(笑)
遙か的に言えば、「(じゃましちゃ悪いよね。このままにしておこう)」などの選択肢。よくある、(   )書き選択肢。


それを選ばなければいいわけですが、
現実では、イベントは起こしたものの、気がつけば絆の関を越えていなかったとか、単に選択する度胸が無かったとか、そういうものです。


乙女ゲーで人生を知る(笑)

拍手[0回]

空・おみと聖地パシフィコで行われたマルイのバーゲンに行ってきました。


バーゲンは展示ホールだというのに、無意識に大ホールの方向へ歩いてしまったのがなんとも。
しかし、女の子がいっぱい歩いてるというのは同じなのに、キャリーの音がひとつもしないのって新鮮(笑)


バーゲンですが、コミケ並の広大さで売り場が展開ます。
なので、物はとにかくいっぱいあります。ホント、ブワーっと。
でも、やっぱ秋のバーゲンだからか、いかにも売れ残り~ってかんじで、めぼしいものは見つかりませんでした。


結局、買ったのは手袋のみ。

帰ってからクレージュのだと気が付きました。

あ、おみは算盤のために紳士服見てましたよ。
しっかり妻やってて面白い(笑)


バーゲンは早々に切り上げて、すごく見なれたプカリ桟橋へ。
赤レンガ(超至近距離)行くのに、はじめて海上バス使いました。
ネタもあるけど、なんかこう、至近距離を歩くのがめんどくなるほど、みんなHPが低かったのです。
特に私は、昨日の自転車のせいで、歩く度にHPが減少するかんじでした。

海から見た、日の丸とパシフィコ。
ネオロマは日本の文化です!

船を下りたら、↓こんなオブジェを発見しました。
なんかこう、不安を覚えるカモメ(だぶん)です。


なにげに、まともに赤レンガに来たのははじめて。
帽子屋さんとか、雑貨屋さんとか、独特でおもしろいお店がいっぱいありました☆


カフェ、チャノマでお昼。

ベッドの上に座ってごはん食べるのです。
マットレスの上に、でっかいお盆が乗ってて、それがテーブル代りでした。友達の部屋に遊びにいった雰囲気。
はじめはどんなだよ!と思いましたが、ネタ的にすごい面白いと思います。
ただ、食べにくいかな、やっぱ(笑)


デザートはSAND GLASSという紅茶専門店でケーキ☆
静かで大人な雰囲気の、素敵なお店でした。
アンティークなかんじのカップとソーサーの裏には、ひとつづつ違う表記がしてあって・・・ええと、1867とか1862とか。
ヒバムナとか、ヒバムニとか。(すごい惜しい)
1869は結局見つかりませんでしたが、お土産屋さんで1859を見つけ、ひとしきり大騒ぎしました(笑)



横浜からうちへ移動。
近所でお祭りをやっていたので、射的とか型抜きとかひっさびさにやってみました。
型抜き、周りに小学生男子しかいない中、本気を出すOL。
これ、むかし大好きだったんですよ。
うまく抜けると、お金もらえるんですよ(え)


夕飯も出店で買ってきました。
お祭り大好きです。


そして夜。メインイベントは雛苺のコスプレ試着。
空たちに見てもらって、問題点がどんどん出てきました。
難しいよ幼女メイク!!
だって、もとが2●歳なんだもん、限界が・・・!


とは言いつつ、おみに雛苺を着せて見たら、超似合ってた!!

おっとりした雰囲気がぴったり!!
やばい可愛い!!
ムハムハして写真撮りまくりました。



これは、おみが雛をやった方が良いのではないかと、本気で議論中です。コスプレって深い。。

拍手[0回]

鎌倉から無事に生還しました!
出発したのが11時半、帰ってきたのが夜10時です。
片道4時間かかりました。


実際の走行距離は、帰ってから測ってみたら合計80キロくらいでした。
でも、今回は坂道が多かったから疲労が倍なのです。
あとあれかな・・・歳くったから?(笑)


長距離自転車に欠かせない道路地図。
今日は、東京と神奈川の2冊を持って行きました。
出発前にルート確認。
見るページの順番と、大切な交差点を付箋で貼っておくと便利。


変な義務感でわざわざ寄ったパシフィコ(笑)
聖地を対岸から見た、珍しい景色です。
・・・ここ寄ったせいで30分くらいロスしたんだよね・・・


横浜市内は、やっぱ建物がかっこいい。


横浜からさらに2時間。
見慣れた北鎌倉駅に到着。


鶴岡八幡宮で途方に暮れた後、ノロノロと由比ヶ浜へ。
夕日で海が光り輝いている!!
サーファーのシルエットがまたきれいで。
足があまりにやばかったので、砂浜に座り(カップルにまじって)またしばらく途方に暮れました。
波をボーっと見てると、精神がどっか連れてかれそうになります。
   

やっと見つけたカフェ。麻心(まごころ)。
海が見えカフェです。
ここで、しらす丼と、玄米ミルクをいただきました。
シンプルでおいしかったし、かわいいし、海が見えるし、すごく贅沢なお店でした!


帰りに、若宮大路でアクセサリー屋さんとか布屋さんとかちょこっと見て。
平日は人がいないので、ゆっくり見て回れます。
今まで素通りしてた素敵店がいっぱいありました。


体はバキバキですが、ひとり旅もなかなか良いものです。
・・・てか、ふつーに電車で来ればよかったよね、ほんと。

拍手[0回]

今日はじめて知ったのですが、ピアノの練習場の近くには、インテリア屋さんがものっすごく多いです。
国道沿いに、ほんと3軒おきくらいに存在しています。


どの店も、とてもおしゃれです。
アンティークから南国系まで、いろいろあります。


梯子みたいな階段をのぼっていく、一見物置?みたいな店舗とか、みみすまの地球屋みたいなお店とか(レジに座ってたのはけだるげな兄ちゃんだったけど)、入口からチラ見するだけで楽しかったです。


そんな家具屋通りの合間に、ときどきあるカフェ。
これがまたおもちゃみたいでかわいいんだ。
中に、赤い三角巾つけた可愛いおねえさんも見えたんだ(重要)


今日はちょうど店じまいの時間にあたってしまったので、今度昼間に来たとき、ゆっくり見てみたいです☆

拍手[0回]

Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]