忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月末から生死の境をさ迷うように仕事してましたが、やっとこさ、人間らしい生活サイクルが戻ってきそうです。
あと、近況として、最近おうちカクテルにはまってます。
カシスリキュール素晴らしいよ!!
ビールに混ぜたり、オレンジジュースに混ぜたり、トマトジュースに混ぜたり、これらを全部混ぜたり、すごいおいしいよ!!
楽しすぎてアル中一歩手前ですwww


次の旅行の話が出てきたところで、カナダのレポ完成させようね・・・。
記憶が薄れないうちにね。



【グランビルアイランド】
バスを降りると無機質な住宅街。
賑やかな雰囲気など皆無で不安になるけど、3分も歩くと唐突に入り口に出くわします。



島内には、雑貨屋やカフェ、お土産屋さんがたくさん並んでいます。
小さいお店を物色するのが好きな人なら、軽く半日は楽しめそうです。
お土産に、アイスワインティーなるものを買いました。
カナダの名物アイスワイン(ワインよりシロップを名乗ったほうがいいくらいに甘い)のフレーバーティーです。
リーフティーを装った缶に騙されました。あけたらまさかのティーバックでしたwおいしかったからいいけどwww


関係ないけど、今これ書きながら作業用ボカロ歌い手2012上半期聞いてるんだけど、神曲ばっかで作業が手につきません。曲名を・・・たのむ曲名を出して・・・!


名前のとおりアイランドです。海を挟んで、バンクーバーの街が見えます。
カモメと海と大都会って組み合わせが近未来な眺めでかっこいい。



カモメがたくさんいます。日本のよりでかい。

ウサがカモメ撮りまくってました。確かに、正面から見た鳥っていいねwwww


いちばんの目的はパブリックマーケット。どこの国に行っても、とりあえずマーケットには行く。

ここだけで2時間以上費やしました。
マーケットってテンションあがるね(//////´д`////////)


バンクーバーのオサレなレストランに行く案はとっとと止めて、カナダでもマーケット飯です!

トマトピカピカ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
生ものいろいろ買いました。ええと・・・とりあえず、ラズベリー500g買ったのは覚えてる。


お寿司。カリフォルニアロールとかそっち系。

少なくとも、ロンドンのコンビニで買った寿司の50倍は美味しかった。

カナダといえばサーモン。燻製のメイプルシロップ漬けなど3種類ほど購入。

店員さんが日系のお兄さんで、日本語通じるのいいことに試食しまくりましたすみませんでした。


チーズが盛られてるの見ると、外国来たってきがする!
一人1種類・・・か2種類ずつ好きなチーズ買いました。そんなに安くはなかったけど~。



あと、私、ホワイトホースでバナナ凍らせてみたくて、八百屋さんで、バナナ一本だけ買いました。レジにバナナ1本だけ持ってくの、なんかすごいいたたまれない気分になった。
このバナナは、帰り道で他の荷物に押しつぶされ、ホワイトホースに行くことなく、私の朝ごはんになりました。完。


写真微妙であれなんだけど、カナダ国旗柄のチョコかわいかった(過去形)
同期のお土産にしたかったけど、つぶれたので自分で食べました。

同じチョコ屋さんで、ウサが携帯の形のチョコ(でかい)買ってました。なぜwwwwww


最後に、石鹸や香水のお店をやっていた、とても愉快なフランス人のおじさん。
自然の花の香りだけで香水を作っているそうです。
私は一般の香水のあの科学的?なにおいがすごく苦手だから、買ってよかった^^


・・・おじさん、香水がどんな香りかひとつひとつ説明してくれたんだけど。
説明がいちいち色恋系というかwww
私が買った香水は「sensual」だという。
私はこの単語知らなかったから聞いたら「こういうスペルだ。帰って辞書で調べて見るといい」とわざわざ紙に書いて持たせて、マメで親切な人だなーとか思って

出てきたのがこれだよwwwwwこの、フランス人wwwwww
この紙思い出に取っておこうと大切に日本に持って帰ってきた私がかわいそうだよwwwww

拍手[0回]

PR
バンクーバーは、今まで行ったどの都市よりも、穏やかな空気に包まれた都会でした。
いろんな人が、住むならカナダって言ってた意味がわかります。

見ろよ、この人口密度の低さ(笑)日曜日の池袋に見せてあげたい。


赤信号「まあ待てよ」

信号がてのひらマーク。
青の点滅で走って渡る、がしみ込んでる日本人にとって、赤に点滅されるとどうしていいかわからない。
でも、信号が待てよと言ってるようなので待つ。


ハイセンスなTシャツ屋。

髭を愛するものとして、買っておくべきだったか。
でも、思い出すのはフランス兄ちゃんよりむしろロマーノ。


グランビルアイランドに遊びに行くのに、バスに乗ります。
DARESAVER TICKETSを買いました。市内回数券みたいなやつ。

これは、セブンイレブンかロンドンドラッグで買うことができます。
アメリカの隣のはずなのに、やっぱコモンウェルスだね!ちょっとしたとこにもイギリスを感じるね!

バスも赤いし。



これなんか、おしりがユニオンジャック!!・・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

残念ながらこれには乗れなかったけど、遭遇できてよかった。

目当てのバス停がなかなか見つからず、ホテルバンクーバーのホテルマンに訊くことにしました。
ちなみに、ここに泊まるわけではない(笑)

ゴーストバスターズの撮影でも使われた有名なホテルです。
他にも、バンクーバーには、バック・トゥー・ザ・フューチャーのロケ地もある。
でも、アメリカで撮影されたと思ってる人きっとすごくいっぱいいる。そんなカナダです。


ホテルマンは、期待どおり、親切丁寧超紳士に道を教えてくれました。
H「君たち日本人?」
我々「そうですけど」
H「じゃあ日本語の地図をあげるよ」


そう言うとホテルマンは、足でカッとスマートにデスクの引き出しを開け、サッと無駄のない所作で地図を差し出しました。この、足で引き出しを開けるという荒々しさと紳士的なスマートさを同居させるなんて、とんだハート泥棒だなこのやろー(^q^)


・・・て、ここまで書いといて、私その現場見のがしてるんですけどね!!!!!!!!

ちょっとデロリアン乗ってくるわ。

拍手[0回]

空港からバンクーバーへの送迎の車には、私たちのほかに、大学生くらいの可愛い女の子が二人^^
私たちと同じく、バンクーバーに一泊したのち、ホワイトホースへ向かう予定とのこと。


運転手さんは、バンクーバーに移住した日本人のおじさん。
1年だけバンクーバーで働く予定だったのが、9時-5時をきっちり守るカナダ人との仕事、1年では終わらず、そのままバンクーバーに移住しちゃったんだとか。


仕事遅れることは諸手をあげて大歓迎ではないにしろ、その心の余裕と言うか大らかさがうらやましす。
なんで日本では1週間の仕事を3日で終わらせろとか言われるのか。
1週間でいいじゃない・・・


さて、運転手さんが寄り道して、バンクーバーのお金持ちのお屋敷が立ち並ぶ界隈に連れて行ってくれました!
バンクーバーは今、世界で一番住みやすい都市と言われてるけど、土地はものすごく高くて、新しく土地付きの家を買うなんてとてもじゃないけどできないそうな。
カナダに住んだらなんかすごく広い一戸建て~みたいなイメージだったけど、そう簡単ではないらしい。


移民の国カナダでも、特に日系人の多いバンクーバー。
カナダ???ってくらい、漢字の看板をたくさん見ました。
寿司の人気に嫉妬w


日本人がやってる寿司屋か否かは、店の名前を見れば分かるという。
こんな店名普通つけないだろwみたいな日本語の店は、日本食(笑)なときがある。
車の窓から見た中で最も印象に残ってるのが『儂』wwww


中華のお店もかなりありました。



アメリカの隣なのに、ちゃんとイギリス英語なところに萌え。



ホテルに到着。
今回のホテルは未だかつてなく広くてきれい!



テレビがつくよ!しかも薄くて大きいよ!

トイレの水流れるよ!

ゴキブリいないよ!


・・・・・・・。


うん、ほんとにね。
備え付けのコーヒーセットが清潔な時点でね、幸せだったね。


ところで、窓からのぞいた下にプールがありまして。



ぼーっと見ていたところ、



海パンのアジア人の若い男がひとりあらわれて、


入水した。


3月下旬とはいえ、冬のコートが手放せない気温です。
寒中水泳?ウケ狙い?(のわりには周りに友達も見当たらない)


よくわからんが、水に入っては体をさすってクロールしてはまた体をさすって。


ほんと、なにがしたいんだ!!!!


そもそも、この季節にプールは清掃してたんだろうか。
彼のことは最後まで見届けてませんが、彼が心臓まひとか起こさずにちゃんとお部屋に帰ったことを祈ります。


(つづく)

拍手[0回]

おひさしぶりです。
カナダから帰ってきてまだ6日しかたってないのに、憎たらしいほど日常です。
棚に飾ったメイプルシロップと、カナダの乾燥で悪化した手湿疹だけが、あれは現実だったのだと物語っています。


太平洋方向へのフライトははじめての今回。
さらに、暗くなってから出発するのもはじめて。


4人集まったはいいものの、なんか、さぁ行くぜ!!!!とならない。
夜だから。
ひとしきりおしゃべりして楽しかったね、じゃあそろそろ帰ろうか、みたいな気分になってくるw


20日PM7:10に出発し、20日AM11:30にバンクーバー到着。
時差は-17時間。計算しにくいことこのうえなし。
約9時間のフライトです。


フライトは大半が夜。北米大陸に近づいてやっと夜が明けました。

今回は窓の下には太平洋があるだけだから、ずっと真っ暗でもさほど残念じゃなかった。
飛行機から見る朝焼けと夕焼けは、いつ見ても至高の絶景だと思います。


朝!めし!!

フライトアテンダントさんに「オムレット or ●●?」と聞かれ、どうしても●●が聞き取れず、とりあえず聞き取れたオムレツのほうを注文。


実は、日本語で「カーユ(粥)」と言っていたらしい。想定外w
みごとカユを手に入れたたま↓よく分かったな!


エアカナダの機内食についてくるペッパー&ソルト。
メープルリーフのパッケージが可愛い。お持ち帰りしてきました^^

エアカナダではおやつがでなかったのが残念。
ブリティッシュエアウェイズでもショートブレッドが出てきたから、メープルの何かが出てこないかなーとちょっと期待してたんだ・・・。



バンクーバー到着っ!!アメリカ大陸初上陸です!こんにちはカナちゃん!

まるでディズニーシーのようなバンクーバー空港。
カナダの大自然を表現して、空港内に川が流れています。すげえ。


これとか、インディジョーンズのところにありそうだよね。


クラゲもお出迎え。



今回は、ホテル⇔空港間に送迎の車がありました。
「二つの像の下で待ち合わせ」とか、なんてRPGww


電車探したり券売機の使いかた分からなくておろおろしたり地図片手にホテル探して道に迷ったりするいつものあれがないのでちょっと物足りない感はありましたが(笑)、運転手さんがすごくエンターテイナーな人だったからこれはこれで楽しかったです。

(つづく)

拍手[0回]

Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]