忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏コミはね、さすがにね(笑)と爽やかに笑い飛ばしていたはずなのに、行ってきました、台形の聖地へ。
また一歩、オタクの階段昇ってしまいました。
まあ、昼過ぎからの参加なんですけどね。


12日の朝、8時頃実家を出ました。父が出勤する車で。
母に「お中元のマンゴー持ってく?」と聞かれたので、宅急便で送るよう丁重にお願いしました。
娘はこれから戦場に行くのだ。
自分は腐ってもマンゴーを腐らせるわけにはいかない。


東北新幹線の車中で米英小説(カモフラージュ済)を読み、精神を三次元から二次元へシフト。
宝の地図は、実家に帰る前に完成させてきました。


さて、キャリーを東京駅に預けて国際展示場に直行と思ったのですが、コインロッカーひとつも空いてない。
夏休みのせいなのか、まさに夏コミのせいなのか。
コインロッカーと別に、臨時の荷物預かり所ができていたのですが、そこも壁際サークル並みに並んでました。


仕方ないので、一度家に帰って荷物を置いて再出発。
1時間ロスしたけど、それだけ空いてるだろうからいいか。と高をくくっていたのですが、夏コミってすごいですね。



りんかい線のホームに人があふれてました。
え、これから入る人こんなにいんの・・・?



夏休みだしこのくらい、と思って乗ったら、明らかに8割お仲間でした。
斜め前のお兄さんのPSPの中には、かわいい嫁がいました。
前にいたお兄さん二人は、2日目にサークル出す人でした。今回は余裕入稿できたとか。おめでとうございます。
オタクに占拠されたりんかい線。
みんな、我が家のようにふるまいすぎだ(笑)



国際展示場駅を出るまでと、出てからしばらく人間渋滞。
これがずっと続くのかと思ったら、あとはサクサク歩けたけど。
冬コミのときは、ガチで朝いちで行ったから相当歩いたけど、昼に行くと普通のルートで行けるのね。でも私、冬コミのときのあの活気と謎の一体感嫌いじゃなかった。



しかし、ビッグサイト入り口から東館い行くまでの道で心が折れ掛けました。これが、ウサが言ってたゴキブリホイホイか。
ガラス張りの廊下からは灼熱の太陽がサンサンと照りつけ、人はぎゅうぎゅうに身動きとれず、クーラーの存在が全く感じられません。
ちょ・・・息・・・というか、いろんな意味で、きつい・・・。そう、今は夏。
ところで、ゴキブリホイホイとえば、あこ、おみ、空、ポッキーとGに遭遇したのに、私はまだ今年Gを見てません。
次はお前の番だと言われてる気がします。



Gホイホイを抜けると渋滞は解消されました。
あとは普通にお買いものできたかな。
夏コミはいつものイベントよりも皆さん気合いが入ってるので、ノベツティとか紙袋が豪華で楽しいです。
最近の戦国時代でヘタサークルが減ってたらやだなと思ってましたが、まだまだ盛況!嬉しいわ~。
ついったによると、午前中は大渋滞だったようです^^



レイヤーさんもいっぱいいました。
この暑さで自殺行為な人もたくさんいました。でも、おしゃれとコスプレは耐え忍ぶものですね。分かります。
あ、本物のジャック・スパロウ見ました!あれ、どう見ても本物だった。日本人か外人さんかも不明だった。



ひととおり買い物し終えましたが、最大手は電車でした。
りんかいせんやばい人ごみだったからゆりかもめに移動したのですが、結局1時間は並んだんじゃないだろか。
でも、ゆりかもめが3分間隔の特別ダイヤで動いてくれたおかげで、座って帰れました^^


駅員さんも、警備会社の人も、警察も、近隣のお店も、全力で夏コミにあたっています。こういう雰囲気、きらいじゃないよ(笑)
行ったことないひとどうぞ↓


コミケ係員の名言集↓
http://matome.naver.jp/odai/2131311085348824901
冬コミで目の当たりにしたけど、ほんとうまいこと言うんだよね。

会場付近のコンビニが臨戦態勢。もはやコンビニじゃない。
http://matome.naver.jp/odai/2131319833550127401



夏コミに、某国民的アイドルグループのま/ゆ/ゆが来てたらしい!
しかも仏英とか。すれ違ったりしてたのかしら。
仏英領はそんな広くない。
にわかオタクでなく、ここまでガチだと、なんか応援したくなるから不思議です。最近、テレビで見ると目で追ってしまう(笑)

拍手[0回]

PR
JIN見てました!!
手術画面は未だ正視できないんだけど、目が離せないという。
しばらく日曜の夜が楽しみ^^


さて、昨日は空とカラオケ行ってきました。
大半を完唱歌いきりまショーで遊んだあと(激辛では1曲も完唱できなかった…)、精密採点やりました。
正しい音程で歌えているか画面の高低バーで確認できるやつです。


そうなるとメリカって・・・?


通常通りのアレなかんじで歌ったところ、音程バー全部はずれてました。期待通りでありがとう!!!!
がんばって合わせようとするものの、正しいメロディーライン知らない。
作曲者は、当初どんなメロディーを想定していたんだろう。


ワシントン~のほうは、外してるとこは歌として認識されていなかった(笑)


あと、初音ミクの消失の最初の部分は、ひたすらまっすぐなラインが表示されてるものの、音の高さはどうでもいいっぽい。
あれ、すごい楽しい。


ワールド音頭歌ったら、LIVE DAM様に曲への愛を認められました(笑)



ここ数日、ボカロが熱いです。
プロじゃない人が集まって、曲、歌詞、歌い手、PV、ダンス、お金を挟まずにここまでクオリティの高いもの作れるんだということに感動する。
この先クリエーターにプロって肩書は必要なくなってきそう。
流行は繰り返すじゃないけど、歌の広がり方がテレビやラジオが出るずっとずっと前に戻ってきたのかなーなんて。
平安歌人も、歌のプロじゃなくて本業役人とかなのに、作品が優れていればどんどん支持者が増えるという。
ネットってすごいなー。オタク文化の遍歴の本とかってどっかに無いのかな。1000年くらいのスパンのやつ。


とりあえず、「家の裏でマンボウが死んでいる」を歌いたくてウズウズしている。

拍手[0回]

3月になってからというもの、今まで以上に部屋が寒い気がします。今朝、暖房つけても寒いから、カルディで買った激辛フォーを食べようとしたのですが、辛すぎてスープに口もつけらんなかった。
で、もったいないからスープ残して、あとでリゾットまがいのものにしようとしている貧乏症。


ところで、メガザルのドラマ性について誰かと語り合いたいんだけど、内輪ではM氏が知ってるか知らないかというくらいなので、ちょっと、いろいろもてあましている。

拍手[0回]

たまごが先かにわとりが先かという話と一緒で。
買い物をするついでにだらけに行ったのか、だらけに行くついでに買い物に行ったのか。
あ、今日は代休でした。


サンシャイン行ったらなんだかマルイのバーゲンやってて、流されるままに戦場に乗り込むことになりました。平日の日中だというのに何この人ごみ・・・!


バッグをひとつ買いました。
半額でこれかよ!というお値段だったので、30分くらいは迷いました。
このバッグのお金で薄い本が何十冊買えるかとか考えるの、ほんとどうにかしたい。
結局買ってきました。帰って見てもやっぱ好みだったので、欲望に負けず買ってよかった!


・・・しかし、だらけで1冊200円で買った薄い本に、新しいバッグどころじゃなく満たされてしまった件。
お気に入りのバッグ<お気に入りの眉毛

拍手[0回]

更級日記を読み返してみた。
ずっと前にも書いたけど、この著者はガチオタ認定です。
「物語」という段が特にやばいので、それを現代に置き換えてみた。
このときの著者の年齢は14歳。いちばん危険なお年頃です。



(意訳:ピク)
私がずっと落ち込んでいたら、友達が、私のために同人誌というものをさがしてきてくれた。そしたら、ふしぎなほど、気持ちが晴れて力がみちてきた。はじめて仏英のパロを読み、もっと読みたくてしかたなかった。でも、中身が中身なだけに誰にも相談できない。周りの友達もまだ誰も東京に慣れていない時期だったので、同人誌がどこで売ってるかもわからず、見つけだすこともできない。とてももどかしくて、いてもたってもいられず、「私にもっと仏英を!神様、どうか、どうかお見せください・・・!!」と、心の中でとにかく祈った。

姉が東京に出張するときに土産は何が良いかと問われたけれど、他のことなどお願いせず、ただただ同人誌のことだけをお願いした。期末試験が終わったら読みふけろうとわくわくしていたのに、姉は買ってきてくれなかった。とても悔しくて、涙が出てきた。ところがあるとき、年上の従姉妹が東京から出向いてきた。従姉妹は「キレイになったねー」と、私をとてもかわいがってくれた。帰りがけに従姉妹は、「お土産をあげようね。服や小物じゃありきたりでしょ?あなたが前から欲しがっていたものをお姉ちゃんから聞いていたのよ」と言って、仏英の同人誌50冊余りをキャリーケースのまま全部と、原作のコミック、DVD、ドラマCD、グッズなどもまとめてプレゼントしてくれた。それをいただいたときの嬉しさといったら、もう、私のつたない言葉では表現することも不可能だった。

胸をドキドキさせてページを開き、気になった本から拾い読みしていたけれど、それすらもじれったい。私は布団にもぐりこみ、50冊の仏英本を枕元にいちから積み重ね、部屋には鍵をかけ、誰にもじゃまされずに次々と読んでいった。彼氏とかほんとどうでもよくなった。明るいうちもずっと、夜は限界がくるまでずっと、ルームライトを灯して読みふけり、これ以外のことは何もしないでいたら、頭の中で仏英がかってに物語を繰り広げるようになったのがうれしい。そうしていたら、夢を見た。夢には清らかな衣装を着た神さまが出てきてこう言った。「早く現実にもどって勉強しなさい。」しかし、私はこの夢を見なかったことにした。勉強する気になどさらさらなれず、ただただ仏英のことで頭がいっぱいだった。私は今はまだお世辞にも可愛いとは言えない。でも、年頃になったらきっと髪もきれいに伸び、フランス兄ちゃんの横を並んで歩くのにふさわしい素敵な女性になるんだわ、と、他愛なく呆れた妄想を繰り広げていた。



恐ろしいことに、現代に置き換えた以外は、文脈ほぼそのまんま(笑)
このこやばい。そして、他人ごととは思えない。


オタクの歴史は、千年の長きを誇っているようです。魂に刻まれていても仕方ない。もしオタク研究があるならば、更級日記って貴重な文献になると思う(笑)


平安時代の作者たちが現代のオタクならこうなってると思う。



紫式部は、カリスマサークルさんになると思います。
趣味で描いてたら口コミで世間に認められ、いつのまにかメジャーデビュー(笑)作品がギャルゲ設定。菅原孝標女がネ申とあがめています。スケブ持っていっちゃいます。


あと、とりかえばや物語は作者不詳。原文は読んだことないけどけっこうなエロらしく、現代にいたら、こちらはアンダーグラウンドのカリスマになってそう。伝説の18禁BLを次々と生み出しているのに、作者自身がそれを世間にひた隠しにしているため、イベントでも委託のみ。神秘のベールにつつまれている。


清少納言は、きっとまっとうなエッセとかを書いていて、紫式部をはじめとする作品を冷めた目で批判してるんだけど、彼女たちの才能の無駄遣いっぷりは認めている。



いろいろ考えても、この文化は本当に根が深すぎる。
昔から、擬人化好きだよね。鳥獣戯画とか、九十九神とか。ていうか、土着信仰からしてアニミズム(笑)
定義:生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方byウィキ
消しゴムと鉛筆が恋しちゃうもの仕方ないことなんです。



・・・と、休日の朝っぱらから生ぬるい気分になった。
今日は、夜、あこたちとごはん行ってきます☆

拍手[4回]

買い出しで都内を朝から晩まで歩き回り、布団に倒れこんでこと切れそうです。あー、布団って天国。

なにより、上にちょっと手を伸ばせば、たくさんの眉毛in薄い本があるのが天国。先週、空のやつ全部借りてきた(笑)


仕事が今日で一段落でした。ヨーロッパ地図見てるだけで幸せってどんだけ変態だよと思わんでもないですが、プーや兄ちゃんのおかげで楽しい修羅場でした。明日からちょっと寂しい。




渋谷のサンマルクでお昼食べてました。
無意識に窓際に座ったら、目の前にだらけの入り口が。だらけをおかずにしてご飯食べてるようでした。


しばらく見てたら、二人組の外人さんがやってきました。彼らは、だらけの前で立ち止まり、カメラを構えました。角度を変え距離を変え、しばらくシャッターを押してました。それでもうまく写らなかったらしく、反対の歩道に移動し、さらに撮影していました。


ああ、海の向こうから、このセンター街のアンダーグラウンドに焦がれて来てくれたんだね。そう思ったらなんだか愛しくなってきたので、一心不乱に写真を撮る彼らを、さらに後ろから撮影してしまいました←


良い写真が撮れたのか、彼らは薄暗い地下のファンタジアに吸い込まれていきました。私も追って吸い込まれてみました。時間なかったから何も買わなかったけどね!(じゃあ行くな)



あ、最近薄い本をちょっと売ったんですよ。
薄い本って、カップリングによって値段が違うんですね!はじめて知りました。しかし、店員さんは、あんな短時間でどうやってカップリングを把握するのだろう。ある意味プロの業。
そして、売った金でさらに薄い本を買ってしまった。意味ない。

拍手[0回]

最近、地味に忙しいです。

昨日、空いた時間に散歩してたら、猫がいました。
逃げるの承知で近づいてったら、逃げるどころか、こっちの後をテコテコついてきました。私が止まると止まる。
なにこれ天国・・・!




かぎしっぽのかわいいこ。



上のほうに、灰色のがもういっぴき。



かぎしっぽが灰色のもとに走っていきました。



かと思うと、ものすごいいちゃつきはじめました。



もう、顔とか摺り寄せたり、前足で背中に覆いかぶさったり、体舐めたり。イタリア人でも路上でここまではいちゃつかないだろうよ。
なんだろう。私に何をアピールしているのだろう。







なんか



両方雄だったらいいのに。









今日、仕事で初めて顔を合わせたフランス人がナイスミドルすぎました。今、この瞬間、私の前に髭をたたえて来るなど、どんな挑戦状でしょうか。次の打ち合わせが楽しみでしかたない。

拍手[0回]

忘れ物、引き取ってきました。
羊CDと、黒執事2枚と、漫画。


恐れていた、「中身のご確認」はありませんでした。
聞かないでおいてやろうという、駅員さんの無言の優しさかもしれません。
逆に辛いです。


ところで、ちょっと不審に思っていることがあります。
電話問い合わせをしたとき、担当の駅員さんは、CDのタイトルを「ヘタリアでございますね」と言いました。


でも、ジャケットを見てみると、ヘタリアと書いてあるのは右端に小さくHETALIAと書いてあるのみ。
何も知らない人が、一発でこれが作品名だなんて分かると思いますか?

「黒執事」という単語もやたらサラリと出てきたし、電話に出た駅員さんは同類だったと、私は見ております。
今日の受け取りのときの駅員さんは明らかに違う人だったのですが。電話の人は若そうだった。


とにかく、手元にプーちゃんの羊CDが戻ってきたわけです。
寝る前に聞くのが礼儀かと、iPodにぶち込んで待機させています。超たのしみ。


今日は外付けHDDが届いたので、PC初期化前のお引っ越し真っ最中です。
内容はほとんど写真と音楽でしか使ってないのですが、その2つだけで死ぬほどデータがでかい。

拍手[1回]

4日はメリカの誕生日で、


14日は髭の誕生日で、


17日は有川譲の誕生日だったような気がする。

拍手[0回]

M氏&ポッキーと渋谷で遊んでました。


お昼は、以前、空や同期のMちゃんと行った、cafe gooch。
1号店の方ははじめて入りましたが、イケメンが・・・それも、作りこまれたイケメンではなく、自然にかっこいい店員さんがそろっていたので、料理が来るのがなんだか遅かったのですが、イケメンだから許そう、と3人で頷き合いました。



次なる目的は、だらけで薄い本を漁ること。
メインイベントであり、主にポッキーの目的でした。
ところが、ポッキ~が米英を数冊、私が仏セーなどを1冊手に入れるうち、M氏は、袋が破れんばかりの掘り出し物(もちろん、彼らのです)をレジに持っていっていました。



あっれー?M氏、うちらに付き合って仕方なく来てたのに(笑)
逆に、私とポッキーに「いいの見つかってよかったねー」と言われて帰るM氏でした。



あとは、メイトに行って、余った2時間ほどはカラオケに。
まあいつもの流れです。



でも、そのたった2時間が、わけのわからないまま楽しかったです。



まず、M氏のHAMBURGER STREETでマエストロフィールドが発動した件。


そこにいるのはM氏ではありませんでした。
小西が・・・・いや、メリカがいる・・・!!(←マエストロフィールド)


てか、どうして声まで似てるし。


改めて、M氏の才能を見直した次第です。これもまた、才能の無駄遣い(笑)
なぜか正座して歌うM氏に、私とポッキーから、たくさんのブラボーポイントが上がったことは言うまでもありません。
M氏、もう人助けと思って他のも歌って!!お願い!!


あと、ニコ動で、サンホラの曲を替え歌にして、プロイセンvsオーストリアの七年戦争ver.にしたものがあるのですが(登場人物も多いミュージカルのような構成で、セリフと歌が交互に出てくる。前に、私と空がガチで練習した)、今回ポッキーがそれを入れ、なぜか2人で記憶を頼りに歌いました。
伝令もちゃんとやりました。2人とも、なんかわりと覚えてて笑った。


そして、最後は、なんでか加持葵祭をやって終わりました。
もはや、3人とも立ち上がり、全力で加持っぽく歌い、全力でマモっぽく動きました。そんなこんなで、わけのわからないテンションと疲労を残し、カラオケ終了。


楽しかったです。今度またM氏とカラオケ行くの、楽しみすぎる!!

拍手[0回]

HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]