忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花びらのよう色づいた萼
紫陽花はそう 偽りの花~


弁慶、懐かしい。
そんなわけで、紫陽花の鎌倉行ってきました!
小雨が降ってたのは残念だったけど、紫陽花は雨のほうが似つかわしい気もします。


駅の周辺、明月院、そこらへんの道端、人んちの庭、どこの紫陽花も色が濃くてほんとに見事でした。
紫陽花の群生を見るって、ありそうで無いですよね。


   



紫陽花の他に、夏椿も見ごろだったようです。
けっこう見逃して歩いてた。
てか、沙羅双樹(平家物語前文に出てくる、花の色が盛者必衰なやつ)って夏椿のことだったのですね!知らなかった!


鎌倉を歩いていると、●●の墓、みたいなのをたくさん見かけます。
源氏や、北条氏の。
いつか、渡辺党の墓参りにも行かなきゃね、と空と話してました。
・・・渡辺党。大学の平家ゼミで、渡辺党のせいで3徹した、因縁の(うちらにとって)4兄弟。


石の水盆の中の金魚。明月院より。涼しげだからアップ☆
金魚も、水槽なんかより、こっちのほうがすごく立派で可愛く見える。



Kは、鎌倉がほとんどはじめてたっだので、観光コースはお決まりのもの。
北鎌倉→明月院→若宮大路・小町通り→由比ヶ浜→長谷→大仏・・・・・のはずが、長谷寺は、行った時すでに閉門してました・・・。
小町通りでジョイナスしすぎた。
仕掛け絵本屋さんで、ページに隠れたきいろしかくちゃんとあかまるちゃんを、あんなに本気で探さなければ間に合ったのかもしれません。


さて、観光の合間に、いろんなカフェに行きました☆
お昼は、カフェじゃないけど、お馴染みの『笹の葉』。


もっとお店を開拓したいのに、いつも来てしまうんですよね。
だって美味しいんだもん。
紫陽花の季節は、紫陽花御前オンリーでした。
相変わらず、凝っててヘルシー。
個人的に言うと、ひさしぶりのまともなメシが笹の葉なんて、最高の幸せでした(笑)
もう一膳食えた!まじで!


次は、甘味どころ『ことのは
写真、豪快にブレてますね。すみません。

誰かのお宅におじゃましたようなお店です。
写真は、注文した「ことのはあんみつ(白玉クリームあんみつと抹茶のセット)」。

つぶあんとこしあんが選べるのです。
美味しかった!

あんみつももちろんなのですが、普通にお冷かわりに出てくるお茶がものすごい美味しい。
え、いいの?タダで。イタリアだったら3ユーロ取られるぜ?

お茶碗やあんみつのお皿は、全員が違うもの。
ひとつひとつ手作りの焼き物なんでしょうね。いびつなのが可愛い。
お皿見てるだけで満たされます。


次は、長谷の近くにある『かうひいや3番地
江ノ電長谷駅を少し越えた裏道に、ひっそりと建っていました。
ここ、どうしようもなく素敵なカフェでした!


所謂、古民家カフェというやつです。
古い和式の古いおうちを、洋風のカフェに改装したもの。
仄暗い店内に、年季の入った木目の壁と柱。
テーブルは足踏みミシンの台だったりするのです。

BGMはレコード。
いろんなところにレトロなインテリアが飾ってあります。
縁側からは懐かしいかんじの庭。
お店用に手入れされた庭じゃなくて、ほどよく手入れされてて、ほどよく放置されてる類の。


雨が降ってたせいもあるけど、静かで、ものすごく居心地がいいのです。
雑誌に載ってるお店ではあるけど、いつもひっそり静かであってほしい・・・と思ってしまいます。


おなかもいっぱいだったので、ここでは飲み物だけの注文。
カフェオレの上には、泡立てた牛乳がふわふわに乗っています。


最期は、七里ガ浜沿いにある『麻心』。
ここは、前に私が、ひとりでチャリで鎌倉に行ったときに寄ったお店です。


晴れていたら、大きな窓から鎌倉の海がきれいに見えます。
木目調で可愛い店内ですが、ことのはや3番地と違って、海を意識した店内です。


ここで夕飯。かま揚げしらす丼を食べました。ゆず醤油をぶっかけて美味しい。
デザートがてらに、緑茶ラテを飲みました。
緑茶と牛乳がこんなに合うとは知らなかった!
粉末緑茶と牛乳で、自分でもできないかな。
これハマる。


そんなこんなで、あっという間に夜です。
雨が止んでたら、浜で花火もやりたかった~


一カ月ぶりの休日。
時間をかけて食べる美味しいご飯が幸せ。遊ぶのが幸せ(笑)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]