忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

K様と空とおみがうちに遊びにきました。
当初はK様とモンゴル旅行の計画……のはずだったのですが、いつしかエヴァ劇場版鑑賞会になりました(なんかごめん)。
10年前の、「Air/まごころを君に」の方です。


血みどろで救いようもないストーリーなのに、この映画を何年かに一度無性に見たくなる私はおかしいんだろか。
でも、やっぱ目覚めたアスカの戦闘シーンは血沸き肉踊るし、あのキモい量産型エヴァと初号機のカオスなラストシーンも無性に好き。特に音楽が。


とはいえ、やっぱ庵野の頭の中はカオスですな。
何歳になって見ても意味がわからん。
K様とおみにいろいろ聞かれたけど、何一つまともに答えられなかったもん。


そして、ネルフ襲撃場面や弐号機戦闘の、血とかのリアルさ。
…やはり、多感な中学生が映画館の大スクリーンなんかで見るもんじゃねえ…。


日が落ちはじめた部屋の中で膝を抱え、私はじっと人類が補完されていく様を見ていました。





詩紋の格好をして。




きたよこれ!!
あはは、予想通り!!
ええ、26歳の誕生日プレゼントでございます・・orz



コスプレ衣装が来るだろうな、とは何となく想像していました。
でも、何が来るかは、思い当たりすぎて想像がつきませんでした。
しかし詩紋。完全に死角だった。
とりあえず、ヒノエじゃなくてよかったけど(笑)



リリのウィッグを使いまわせるかも?というところ。
あとは、足りないネクタイと皮靴を用意すれば着れるのですが。


今週末のネオライではやだよ!
だって、暑いもん!蒸れるもん!
もう、季節はずれのキャラは嫌だ!!!!(蘇る妖精の悪夢)




うん、9月の、例のアニバーサリーイベントなら、季節的にやらんでもないが。まあ、どこぞでお披露目しようぞ。もらったし。



そんなエヴァ鑑賞会が終わり、私たちは鬱々としたテンションを引きずったまま、私たちはカラオケへ行きました(おみは算盤のもとに帰って行きました)



エヴァ祭(私だけ)から始まったカラオケは、いつのまにか「鬱しばり」というよく分からないものになりました。
とにかくみんなで鬱な歌を歌いまくるの。
失恋ソングとか可愛いもんじゃなくて、なんかこう、精神の奥底から薄ら暗いもんが湧いてくるような歌。
東京事変とかCoccoとか。ひぐらしとかアリプロとか。
歌詞の中で、人が何人死んだか分かりません。


なんだかよく分からないテンションのまま1日が終わりました。
鬱で楽しかったです!(ほんとか)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]