忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネオフェス9、9日昼。アンジェのドラマです。

えーと、ルヴァ・エルンスト・オスカー・フランシスがメイン。
星の小道を作るにはシンクストーンという石(よく覚えてたな)が必要で、それを別の惑星に探しに出かけるという話だったはずです。たぶん。アンジェの知識に乏しくてすまんです。


守護聖たちは、なんとか星でなんとか星人(いや、もっとしっくりくる呼び方があったはずだ)に遭遇します。


なんとか星人、宮田幸季・高橋広樹
このドラマもやはり、ゲストキャラを語るに尽きます。


宮田っちが出てきた瞬間、私たちの思考回路はだいたいこんなんだと思います。
「詩紋系でくるか?弁系(←不自然)でくるか?できれば弁であってほしい・・・!」
さあ、どう出る宮田幸季!!




第一声。




誰でもなかった( ̄□ ̄)



あの声を文章で表現できないのが口惜しい。一生懸命考えて、ちびまる子ちゃんの藤木しか思いつかん。

あの声を再現しようとお風呂でやってみたのですが、口を突き出して思いっきし縦に開けて、腹から声出して「わたしはー」とか言うとニュアンスは感じられるかもしれません。ただし、一人でやってるととても虚しくなります。


一方の広樹さんは、なんか、渋谷のセンター街に生息してそうなチャラ男なでした。宮田っちのキャラは、あれで重々しい雰囲気を漂わせているので(そうなのよ)、組み合わせがでこぼこでした。



そんなかんじで、杉田が滝つぼで溺れてぶくぶく言ったりとか紆余曲折あって、なんとかシンクストーンを見つけた守護聖たち。すると、宮田&広樹のなんとか星人2人が正体を現します。


藤木で喋ってた宮田っちの声が、突如として妖精チックになりました(笑)
広樹さんは硬派でかっこいい喋りに。


アニメではよくある効果だと思うのですが、あれは絵があってのこと。絵もなにもなし、ただ宮田っちの声が変わっただけで「おー、見た目がきっと変化したんだー」と分かるというのは新しいです。
隣のM氏とひそひそ声で、「新しいな」「うん、新しい」と話し合いました。


ちなみに、2人はシンクストーンの精でした。シンクストーンは、とても丈夫なのに水より軽いらしいです。あ、どうでもいいですか。

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]