忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲルでのお泊り第一日目の夜は、大嵐でした。
日本や中国に大型台風が接近していた日のことです。
モンゴルに台風は来ないといっても、影響はあるらしい。


もんのすっごい暴風。
耳をふさいでもビュービューいう音が5.1サラウンドばりに聞こえてきます。
ゲルなんて木の骨組に布つけただけのもだってのに、なんでこの家飛ばないの!?
不思議でしょうがないんですけど!


荒れ狂う風にヒヤヒヤしながら夜を明かした、その日の朝のこと。
薪割りのおじいちゃん(だったか?)・・・とにかくモンゴル人の誰かが私たちのゲルに来て、何やら外へと促します。


なんだかよく分からないが、とりあえず外に出てみる。




おおおおおおおおお!!!!!!!




見えますでしょうか。
虹です!!!!



しかも、二重にかかる虹!!!!
地平線から地平線へ、完璧な半円を描いてかかる、ふたつの半円。
こんな完璧な虹、見たことないです。

虹の根元を目指して走りたくなる気持ちが、これ見てすごくよく分かりました(K氏・談)

直純の日比谷ライブで虹が出たときの次に(あの歌詞と連動した虹は究極だったと思う・笑)、奇跡の虹だと思いました。



しかし、虹は出たものの、その日の夕方に再び雨。
馬に乗れるのか・・・?
とりあえず合羽を着て、ゲルの入口で馬決行の知らせを待ちます。

うじゃ。

うじゃうじゃ。


一秒ごとに動物が増えていきます(笑)
モンゴルの草原とはこういうところです。これが普通の風景です。


余談ですが、この写真の一瞬後のことです。
写真のようにボケっ座っていた私。
ゲルの壁面を沿うように歩いてきたと思われるヤギの顔が突如真横から出現し、心臓止まるほどびっくりしました。

同時に、当のヤギも相当びっくりしたと見え、全身でビクっと震えたあと、すごい勢いで後ろに跳び退りました。


「いや、びっくりしたのこっちだから!」


お互いがそう思っていたと思います(笑)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]