忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




かわいいカフェなんか行ってきましたが、本来の目的は咎狗合宿です。


M氏のアドバイスどおり、ケイスケから攻略。
皆で必死に耳を傾けたのですが、ケイスケの声が杉田だと分かりませんでした。さっぱりして高音で気弱な声の杉田って、すごく新鮮。


咎狗の横で、モンスターハンターに興じるうさ。ダークで緊迫した雰囲気が続く中、時々うさの方から「お肉が上手に焼けましたー♪」という朗らかな音声が聞こえてくるのが、なんとも気の抜ける(笑)


しかし、M氏にはしてやられました。
メールに「猛を振り切って左に行くことをお勧めします」とあったのでアドバイスだと思いその通りにやったら、グンジに襲われて死にました。


え、ちょっ・・・もしや、M氏、
グンジ(CVきーやん)のコレを見せるために誘導した・・・!!?( ̄□ ̄)


でも、グンジはわりと愛すべきキャラです。というか、きーやんがめっちゃ楽しそう(笑)ガラの悪いチンピラをやらせたら、きーやんは一流だと思います。


あと、アキラが襲われるシーンって、ぜんぶ「下着とジーンズを同時に下ろされた」という同じ表現が入るんですけど(笑)1番に5回も、アキラは下着とジーンズを同時に下ろされてました。


しかし、咎狗ってスチルの芸が細かい。
というか、ドライバ・・・!!!!!


いや、何がどうびっくりだったとか文字にできないですが、あれは・・・あれ見て、なにを感じるのがいちばん正しい鑑賞法なのだろう・・・みたいな・・・なんというか、とにかく、衝撃でした。おかげさまで、私、BLに対してかなり寛容になりましたよ。あれ見ちゃったら、男同士がいちゃいちゃしてるだけのBLなんて、少女漫画も同然です。ケイスケがアキラに抱く乙女な想いを語る場面なんて、ふっつーに感動できる(笑)


正気に戻ったケイスケの、ED周辺で、アキラといちゃつく場面。
「こういうの、嫌かな・・・」とかなんとかアキラを労わるわけですが、私と空はそのたんびに「ドライバー【ピーーー】しといて、今更何を抜かすか!!」とつっこみまくりました。


それにしても咎狗。ある意味難しくないですか?
パンを食べるか食べないかであそこまで運命が変わるって!


そして、長い。
いや、乙女ゲーだって一週目は急いでも数時間かかるので普通かもですが、ノベルタイプなので、ラストに近づいてるのか否かがわからない。
ケイスケが正気に戻ってやったー終わり!と思った瞬間にまたシナリオがはじまって・・・みたいなのを何回味わったことか。
しかも、タイミング良く、今の心境を表したようなメッセージが出たりして。「もう少しだ。気を取り直して先へ進む」とか「永遠に終わらないような気がした」とか(笑)




咎狗、指差して笑えたという点では面白かったですが、やはり、激しいエログロは笑い以上に「うぉあ」ってかんじが先にたちます(汗)
また、オタクの深みに一歩踏み込んだかんじです。


朝日と共に咎狗をクリア。
めっちゃさわやかだー(笑)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]