忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



百鬼夜行抄の画集ではありません(読んだことないし)。

正真正銘、日本の妖怪・百鬼夜行の絵巻です。


もともと、妖怪はわりかし好きです。
でも、買うほど好きだったか?
昼休みに妖怪絵巻を買うOLってどうなの?


様々な疑問を残したまま、結局レジに持っていく自分。
お金を出す間にも、買うほどか?という疑問でいっぱいでした。
単行本なのに700円。けっこういいお値段。


でも、なんかこう、庭の松の木が妖怪になってたり、琵琶が顔になった九十九神とか、不可思議な絵柄に妙に惹かれました。大半が江戸時代に書かれたものなのですが、こんな部分が顔に!!みたいに、予想外すぎて面白いです。昔は、日常生活と妖怪や神様の世界が混在してたんですねー。


仕事中に買ったので、出先の電車で読みかけたのですが、流石に電車で「朧車」「骨傘」とか、しかも絵巻を読んでる女ってどうよって思って挫折。


見たい人がいたら貸しますよ(空には拒否られた/笑)


今夜は、百鬼夜行の妖怪とともに夜を楽しもうと思います☆


拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 すっごいみたい!
うわ!すごい見たい!
なにを隠そう私は無類の妖怪好き(笑)幼き頃はゲゲゲの鬼太郎をビデオ録画してくり返し見てたくらい大好きでございます!!
6月末に行くことになったのでその時ぜひ見せてね!
ポッキ~ 2008/06/05(Thu)23:39:09 編集
 >ポッキー
食いつく人がいるとは思わなかった(笑)
読んで読んで☆変な話だけど、ずっと眺めても飽きないよ。
ピク 2008/06/06(Fri)00:52:58 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]