忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツ人の同僚に、ドイツでは日本のアニメはどうなのか聞いてみました。


曰く。
「日本のアニメ、ちょっと前にすごく流行ったよ。
でも、やっぱりものすごく好きな人ってフリークというか、変な人が多い。」



…フリーク……オタクというやつ?
ドイツでも、そうなのか(笑)



「そう、オタクよね。日本アニメが好きで日本語勉強してる人はたくさんいたけど…。私は、マンガとか好きじゃないから良くわからない。マンガとかアニメは、子供のものと思ってるから。
日本で、たくさんの大人がマンガを読んでるのが変なかんじだった。」



Mちゃん「日本は、そういう国民性だからね~。」



国民総オタク(笑)



彼女が日本のオタク文化に寛容な人だったら、プロイセンについて聞いてみるとこだけど、これは、オタクを暴露するのも無理だ(笑)



あと、昨日お土産に小人チョコもらって、ドイツのチョコ!ドキーン☆とかしてたのも秘密。



しかし、いろいろ話してると、やっぱ文化の違いって面白い。
クリスマスは、アヒルを食べるんだって!



彼女は日本でお正月を過ごしたことは無いそうなので、餅つきとかお雑煮とか、うちの地元のお正月話を、興味津々に聞いてました。



文化の違いって面白い。
きっかけがヘタリアなのが自分で気持ち悪いですが、最近イギリスの食文化とか、ヨーロッパの住宅関係の本とかも読みました(笑)
…すいません。癖なんです。



ヨーロッパ文化はものすっごく魅力的なのですが、現代の日本けっこう嫌いですが(中古代は溺愛)、だからといってヨーロッパの方がいいってはならないんですよね。
隣の芝生は青いですが、うちの芝生も青いです。
フランスの芝生はピンクです。



どんなに眉毛好きでも、私は所詮本田菊。



なにはともあれ、外国を知ると逆に日本が見えてくるというのは面白いです。
世界史の参考書を同人誌として読めるようになったし(笑)、ヘタリアにはまったのは良かった…かもしれないしそうでもないかも。



ヨーロッパ実際に行ってみたいです。



ところで、九州から直行で出勤してきたMちゃんの言葉が、半分くらい分かりません。
ネイティブスピーカー半端ねぇ(笑)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]