忍者ブログ
沫雪かはだれに降ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スーさんの方言・・・すなわち地元の方言について考えていました。


せっかくどうもない


改めて考えると、なんなんだこれ。


用法としては
A「そろそろ失礼します」
B「そうですか。また来てくなんしょ。それじゃあ、せっかくどうもない」
のように使います。


何がせっかくで、何がどうもなんだろう。
ちなみに、「ない」は否定ではない。
というか、あれ?これは去る方も言うんだっけ?別れ際にお互い言ってるっけ?


せっかく足を運んでいただいたのにたいしたおもてなしもできず、それなのにあなたは楽しんでくれたというのですかどうもありがとう


せっかくお時間をいただいたのにもう帰らなければなりません。今日はどうもありがとう。



・・・とかものすごい長い何かが省略されているとでもいうのだろうか。
だとしたら、省略しすぎだろう。



火原(うちのベッドに転がってるクマ)もそろそろ引退の時期なので、ゲスト枕を買ってきたよ!

みんな、もう枕には困りません。安心して泊まりに来てください(笑)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
 せっかくどうもない
これ、お互い言い合う場合もあるよ。
ちなみに「せっかくどうもない」は丁寧語に近いと思われる。普通は「どうもない」でこと足りる。

地元方言は短い言葉に深い意味を込めてるんだね~(笑)祖国の「全部言わなくてもわかってくれよ」精神を守ってる言語文化だね!
ポッキ~ 2010/11/27(Sat)02:36:14 編集
 無題
>ポッキー
なるほど!丁寧語だったのか!そう言われるとそんな気がしてくる。
祖国言葉に寒いのが加わって、なるべく口を動かさずに意味を伝えてるからな(笑)
ピク 2010/11/29(Mon)09:36:32 編集
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 花の宴-緋- All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]